ポートフォリオ

hieroglitter:ファラオのためのSNS:ポートフォリオ紹介

「hieroglitter」は「ヒエログリフで情報交換ができるファラオのためのSNSアプリ」です。制作に携わったファラオ(RUNTEQ修了生)を特別ゲストにお招きして、働きながら行ったスピーディーな実装や、自作したアルファベットからヒエログリフに変換するgemが230件以上ダウンロードされたこと、Qiitaでの反響などについて詳しく伺いました。まずはデプロイして使ってもらうことが大事と語るファラオの真意について写真と共にお楽しみください。【修了生ポートフォリオ紹介vol.8】

皆さまこんにちは、RUNTEQです。
今回も新たにポートフォリオが完成したと聞きつけ、私たちはさっそく現場へと駆け付けました。

今回ご紹介するのは、ファラオのためのSNS「hieroglitter」。

なんと制作に携わったというファラオが特別に取材に応じてくださいました。
本記事では特別ゲストとしてファラオをお招きし、制作の裏話を伺っていきたいと思います。

ファラオ、どうぞよろしくお願いいたします。

ファラオ
ファラオ
よしなに

 

ファラオ御用達ヒエログリフのSNS

さっそくではありますが、「hieroglitterサービスへ GitHubのリポジトリへ)」とはどのようなサービスなのでしょうか?

ファラオ
ファラオ
ファラオのためのSNSですね

ファラオのためのSNS……なるほど。

実際に「hieroglitter」を開いてみると、シンプルな画面の中に存在するヒエログリフが目に入ります。

ファラオの皆さまは「ファラオの方はこちら」をクリックすると、SNS画面をご覧頂けるようです。
残念ながら平民の私どもでは内容は分かりかねますが、ずらっと並ぶ投稿から何やらにぎわっている様子が伝わってきます。

ファラオの皆さまにとっては大変使いやすい仕様のようですね。

なぜこのようなファラオのためのSNSを作ろうと考えたのでしょうか?

ファラオ
ファラオ
ファラオはたくさん各地にいますが、やはりヒエログリフでないとスムーズな情報の共有が難しいと思うんですよ。
各地にいるファラオが慣れ親しんだヒエログリフで情報交換できるサービスがあると良いなと思って作りました。

ちなみにどのような情報共有がなされているのか、お伺いしても?

ファラオ
ファラオ
やっぱりピラミッド建設とか川の氾濫とかの情報が多いですね。
ファラオであれば、そのような状況にいち早く対応しなければならないため、素早く情報共有ができる「hieroglitter」が重宝されています。

厳しい環境を生き抜かなければならないファラオにとって、「hieroglitter」は重要なツールになっているようですね。

ファラオの皆さまの中で、有益な情報をお持ちの方はぜひ投稿されてみてはいかがでしょうか?

(平民の方でも実はこっそり利用できます。日本語を打つとヒエログリフに変換されて投稿されるのです。これでファラオ気分に浸れますね。)

働きながら4日で開発

興味深いお話が聞けたところで、次は実装のお話も伺っていきたいと思います。
こちらの「hieroglitter」は、どれくらいの期間で制作されましたか?

ファラオ
ファラオ
4日程度ですね。
実はこの「hieroglitter」はweb1weekという1週間でアプリを作るというイベントに合わせて作ったサービスなんです。

たった4日という短い期間でデプロイされるとは、流石ファラオです。

詳しいスケジュールを伺うと、月曜日に企画を考え、火曜日に投稿ページの作成、木曜日にログインページを作成、金曜日の夜に先輩ファラオに相談しながら仕上げに取り掛かり、完成させたとのことです。

ファラオとして働きながら開発されたという情報も入ってきておりますが……

ファラオ
ファラオ
そうですね。働きながら4日ですね。

それだけの情熱がファラオを突き動かした、ということなのでしょうか。
実装をされる中で苦労されたところはありますか?

ファラオ
ファラオ
基本はおそらくRailsチュートリアル程度の知識で作れると思います。ログイン機能は自分で作成しました。
そんなに難しい技術は使っておらず、日本語をローマ字に変換するgemとローマ字をヒエログリフに変換するgemを合わせることで作成しました。

先ほどgemも自作されたと仰っていましたね。

ファラオ
ファラオ
そうですね。他のファラオからアドバイスを頂き、サービスを作り終わったあとに、リファクタリングの一環でgemにして入れました。
gemで全部をヒエログリフにするのは難しいのですが、アルファベットをヒエログリフにするのなら出来そうだと考え、さっと2時間ぐらいで作りました。

1週間でアプリを作るという制限の中で、ご自身に出来る範囲を考え取り組まれたということなんですね。聡明なファラオだからこそ、この判断が出来たのでしょう。

自作gemのダウンロードが230件超え

「hieroglitter」はスピーディーな開発で完成したことが分かりました。
リリースされた後の反響についてもぜひ教えて頂けますか?

ファラオ
ファラオ
Google Analyticsを入れていないので確かな数は分かりませんが、自分の中では大きな反響を頂きました。
開発過程を記したQiitaは、現時点で180LGTM程度いただいています。

Qiita記事はヒエログリフではなく日本語で書かれていますので、平民の皆さまもお楽しみ頂けるようです。ぜひ合わせてご覧ください。

【個人開発】ファラオが情報共有し現代社会を生き抜くアプリ作りました

ユーザーからは具体的にはどのような反応がありましたか?

ファラオ
ファラオ
最低限の機能を実装しデプロイした段階で平民(RUNTEQ生)に公開しました。
Discordで4~5時間「hieroglitter」をヒエログリフを解読して遊ぶツールとして利用してくれました。想定した使われ方ではありませんでしたが、使ってくれて素直に嬉しかったですね。

またファラオは、全く知らない方も使ってくださったり、Twitterのフォローや、引用リツイート等でコメントをくださったりしたことを、嬉しそうに話してくださいました。

ファラオ
ファラオ
作ったものを実際に使って頂けた喜びは本当に大きかったですね。
前にweb1weekで作ったサービスは企画外の方にはあまり使ってもらえなかったんです。自分的には満足はしていましたが、今回は何百人もの方が使ってくださって、やっぱり嬉しい気持ちはありますね。

そのような大きな反響を得られた要因はずばり何だったと思いますか?

ファラオ
ファラオ
リリース前は正直何も考えていなかったのですが、参加したweb1weekがTwitter上の企画なのでそちらで共有して頂けましたし、平民(RUNTEQ生)も使って拡散してくださったのが後押しになったかと思います。

ファラオの人望と、企画の目新しさ・面白さがなせる業だったのですね。
自作されたgemにも反響があったそうですが……

ファラオ
ファラオ
誰にもアルファベットからヒエログリフに変換する自作gemのことは宣伝していませんでしたが、気が付けば自作gemのダウンロード数が230件を超えていて驚きました。
新たなるファラオのアプリの登場が待ち遠しいですね。

とのこと。まだ見ぬ未経験ファラオの皆さま挑戦お待ちしております。

最短でデプロイ それが成功の秘訣

ここまで、企画・実装・運用という流れでお話を伺ってきました。
全体を通して一番学びになったことは何でしたか?

ファラオ
ファラオ
最初は余計な機能をつけず、さくっと1回デプロイして実際に使ってもらうのが一番いいなと思いました。

デプロイを早めた方がいい理由とは何でしょうか?

ファラオ
ファラオ
モチベーション的な意味合いもありますし、作ってから機能追加した方が成果や変わっていく過程が見えやすいので、デプロイは早い方が良いと思います。

ファラオ自身が過去に制作していたサービスでも、作っている途中でAPIなどの規約が変更になり未完成に終わってしまうことがあるそう。
そのご経験から、出来る限り最低限の機能でデプロイして使ってもらうことが大事だと教えてくださいました。

最後にひとつお聞かせください。
ファラオにとって、アプリをつくる魅力とは?

ファラオ
ファラオ
クソアプリに限らず、自分が好きだったりいいなと思ったりしたものを形にできた瞬間は楽しいですし、クソアプリは瞬発力があって使ってもらいやすいところが魅力だと思います。

やっぱり今後もいわゆるクソアプリを作りたいとお考えですか?

ファラオ
ファラオ
そうですね、クソアプリはまた作りたいですね。

そう言っておもむろにポーズを取ってくださったファラオ。
残念ながら平民の私どもにはポーズの意図はよく分かりませんでしたが、今後のご活躍にも期待が高まりました。

偉大なるファラオ、お忙しい中取材に応じて頂きありがとうございました。

編集後記

今回は特別ゲストとしてファラオをお出迎えし、「hieroglitter」の制作秘話を伺いました。皆さまいかがでしたでしょうか?

企画からデプロイまでたった4日というスピード感で作成されたポートフォリオに、皆さまも驚かれたと思います。
まさにWebエンジニア開発でよく聞く「とりあえず動くからリリースしようぜ!」を体現したポートフォリオでしたね。

RUNTEQでは、個性豊かなあなただけのポートフォリオを制作することが出来ます。
もちろん企画から運用まで、経験豊富な現役エンジニア講師や運営陣がサポートいたします。

RUNTEQに少しでもご興味のある方、未経験からWebエンジニアを目指そうとお考えの方は、まずは一度無料キャリア相談会へお越しください。
皆さま一人一人のご状況に合わせ、一緒にWebエンジニアまでの道のりを考えます!
ご予約はこちらから、お待ちしております。 https://runteq.jp/

 

「hieroglitter」を読んだあなたにおすすめ!ちょっと変わったポートフォリオ例

Zerorie:食品を0kcalにするカロリー管理サービス

FGO-Calculator:スマホゲーム計算サービス