システムではなく事業を作りたい!そんなサーバーサイドエンジニアを募集!

株式会社Relic

東京都

Relicがやっていること

自社事業としては「インキュベーションテック」を軸に、下記の事業を展開・拡大し、増収増益を続けています!

  • クラウドファンディングプラットフォーム「ENjiNE」
  • イノベーションマネジメント・プラットフォーム「Throttle」
  • マーケティングオートメーションシステム「Booster」

また、事業パートナーに対して、下記のような取り組みを行っています。

  • スタートアップ開発支援
  • インキュベーション支援
  • 新規事業開発コンサルティング

業務内容

サーバーサイドエンジニアとして、自社事業もしくはスタートアップや大手企業の新規事業におけるプロダクト開発を担っていただきます。いかに事業を伸ばすかを事業プロデューサーとともに考え、プロダクト開発を推進していただくことを期待しています。具体的には下記の業務を行っていただきます。

  • サービスの企画
  • システムの要件定義・設計
  • フレームワーク(Ruby on RailsやLaravelなど)を用いたWebサービスの開発
  • クラウド環境(AWSやGCPなど)でのサーバー構築

仕事の魅力

Webサービススマホアプリを中心とした事業の立ち上げを行える実力を身につけることができます!新規事業の立ち上げという0→1の環境下で、エンジニアとして新しいステップに踏み出すことができ、システム開発だけでなくビジネスや企画にも関われるのが魅力です。

働く環境の魅力

  • 新規事業の立ち上げが多いため、技術的にもチャレンジできる/しやすい
  • メンバーの学習意欲が高い
  • 経営陣にエンジニアが多いため、エンジニアやデザイナーが働きやすい環境を実現しやすい

エンジニアサポート制度

弊社ではエンジニアが働きやすい&成長しやすい環境づくりのため、下記の「エンジニアサポート制度」を実施しています!

  1. 勉強会(Relic Tech Camp)の実施(週1回)
    勉強会のテーマとしてはプログラミングやLinuxなどの基礎的なことはもちろん、Vue.jsやDockerなどの新しい技術についても取り上げられています。

  2. テック部制度
    社内に"テック部"という部活のような制度があり、さまざまな技術テーマにチャレンジしたり、メンバーとともに先駆的な技術開発を行うことができます。興味がある分野のテック部に自由に所属することができ、最大20%程度の業務時間を充てることができます。(例:UI/UX部、ソフトウェアデザイン部、自然言語処理部、全文検索部など)

  3. サンドボックス用のAWSアカウント付与
    AWSで新しいサービスが発表されたので試したい...そんなときに実際に試す環境(サンドボックス)として利用できるAWSアカウントを各個人に付与します。

  4. 書籍の購入
    欲しい本がある場合、申請すれば会社が購入します。

  5. 勉強会やセミナーへの参加支援
    勉強会やセミナーは業務時間中であっても参加できます。また、参加費は会社が一部/全額補助します。

  6. 希望のPCを貸与
    希望者については、PCのスペックやOSをヒアリングしたうえでPCを購入・貸与いたします

開発プロセス

プロジェクトごとに開発手法を使い分けていますが、アジャイル開発(スクラム)を採用することが多いです。コミュニケーション方法は対面はもちろん、SlackやGithubなどのツールを積極的に活用しています。

使用する言語・ツール等

Ruby, Ruby on Rails, PHP, CakePHP, Laravel, Golang, Python, AWS, Redshift, Lambda, GCP, MySQL, nginx, Git, GitHub, Slack, Backlog, Chef, itamae, Docker, CircleCI, Sider等