就職活動

就職活動を開始しましょう!スキルアップしたら企業選考カリキュラムにチャレンジしてみましょう!

大前提としてRUNTEQはRailsのスクールなのでRailsをしっかりと理解していることが最低限求められます。 Railsガイド(『Work in progress』と『高度なトピック以下』は除外してOK)の目次を見ただけでどんなことが書いてあるか想像できるくらいの理解は欲しいところです。言い換えると、何か実装しようと思ったときに「Railsガイドのあの辺に載ってそう。」とあたりをつけられるくらい理解しておいて欲しいです。

Railsの理解が疎かな状態であれこれ手を出すのは本末転倒ですし、採用担当にも見透かされるので注意してください。

STEP1

ポートフォリオを作ろう!
どんなサービスを作っていくか企画していきましょう!
今までの事例から、就活でポートフォリオが評価されたポイントを5つにまとめてみました。
評価されるポートフォリオを知って、自分のポートフォリオに活かそう
まずは、READMEから作ってみましょう!
画面遷移の流れを設計してみましょう!
作成するアプリケーションのテーブル設計を行い、ERDを作りましょう(ERD:Entity Relationship Diagram)
作成するアプリケーションの実装タスクを、GitHubのIssueに登録しましょう
開発中のサポートや、開発後のチェックポイントを共有します!

STEP2

就職対策をしよう!
まずはどんな流れで就活をするか知ろう!
自分が何をしたいのか、自分の強みは何かを分析しましょう
履歴書と、職務経歴書・Wantedlyを準備し、面接トレーニングの動画を提出してください
求人媒体、RUNTEQでの求人、経験者向けの求人で企業探しをしましょう
企業分析をして志望理由を書きましょう。また、面談対策もしましょう

STEP3

エントリーしよう!
自分が行きたいと思う企業を見つけましょう
企業へ応募するために課題をクリアしましょう