ポートフォリオ

Right Guardians:ゲームフレンド募集サービス:ポートフォリオ紹介

「Right Guardians」はRUNTEQ卒業生の笠井さんが制作した「Destiny2というゲームで一緒に遊べる人を募集できるフレンド募集サービス」です。大好きなゲームを盛り上げたい!その一心で自力で制作したWebサービスをRUNTEQのサポートとコミュニティ・コンテストを通してブラッシュアップを行いました。マーケティング活動にも注力し累計UU2万5千・PV16万を達成、エンジニア転職活動でも高い評価を得ました。RUNTEQというスクールだからこそ実現する開発環境についても熱く語っていただきました。【卒業生ポートフォリオ紹介vol.24】

RUNTEQでは、定期的に卒業生が制作したポートフォリオを紹介しています。

今回はゲームフレンドの募集ができるサービスRight Guardians」について紹介します!

今回は「Right Guardians」を制作したRUNTEQ卒業生の笠井さんにお越し頂き、企画から実装までのお話を伺いました!

ゲーム仲間が見つかるフレンド募集サービス

笠井さん本日はよろしくお願いいたします!

さっそく「Right Guardians」がどのようなサービスか教えて頂けますか?

笠井さん
笠井さん
簡単に一言で言うと、Destiny2というゲームで一緒に遊べる人を募集できるフレンド募集サービスです。

サービスへ

ゲームは仲間と一緒にプレイすることで、より楽しめますよね。

しかし、笠井さんはTwitterの呟きや自身のサイトを通して、一緒にゲームで遊べる仲間がいない人が多くいることに気づきます。

実際にTwitterで約700人の方にアンケートを取ったところ、半数以上の方が一緒に遊ぶ人がいないと答えたそうです。

そこで、ゲームの課題を解決して大好きなゲームを盛り上げたいという思いから、Right Guardiansを生み出しました。

らんてくん
らんてくん
ゲームフレンドの募集サービスは世の中にたくさんあるが、何か違いがあるのか?
笠井さん
笠井さん
すでにフレンド募集サービスがあるにも関わらず、一緒に遊ぶ人が見つからないのか考えた時に、匿名性に怖さを感じて募集ができない人がいるというのがありました。

なので、募集するときは匿名は絶対なしで、情報をプロフィール機能みたいなもので公開して、お互いある程度事前に知れた状態で友達を作りあえるサービスを作りました。

確かに相手のことが分からない状態でコンタクトを取るのは不安ですよね。

その点、Right Guardiansでは相手の詳細なプロフィールを見ることができ、どのような人なのか理解したうえでコミュニケーションをとれるので安心です。

こちらがゲームフレンドの募集画面です。

募集を出したり気になる募集にコメントを残したりと、コミュニケーションを取りながら一緒にゲームする仲間を探すことができます。

らんてくん
らんてくん
相手がどのような人かわかるので、ミスマッチも防げそうだな!

失敗が功を奏し今がある

Right Guardians」のアイディアはいつ頃生まれたのですか?

笠井さん
笠井さん
アイディアはブログを作っている時です。

ブログを作っている時に一回、ワードプレスでフレンド募集の掲示板を作ろうとしたんですよ。 

らんてくん
らんてくん
かなり前から、取り組みをしていたんだな! 
笠井さん
笠井さん
3年前ぐらいとかですかね。当時はプログラミングのプの字もわからないし、作り方を見てやったけど作れなくて。

でも、募集の場所を作ったら需要があると思っていて、プログラミングを勉強したら作れるとわかり、勉強し始めた段階でRight Guardiansを作りました

なので、あの時に作れていたらたぶん今回のサービスを作っていなかったですね。エンジニアも目指していなかったと思います。  

上手くいかなかった事が、逆に良かったんですね。

笠井さん
笠井さん
プログラミングができたら自由度が高いサービスが作れると実感して、エンジニアという仕事に魅力を感じ始めましたね。 
らんてくん
らんてくん
それは何よりだ! 

アイデア出しについても伺っていこうと思います。

サービスはこういうものを作ろうと決めて進めていったのですか。

笠井さん
笠井さん
そうですね。ある程度これを作ろうと考えていて、需要があるかはアンケートだとかブログで簡単にマッチングイベントをやったりして確かめていました 
らんてくん
らんてくん
具体的にどのようなことをしていたんだ? 
笠井さん
笠井さん
ゲーム内にクランとかチームがあるんです。

メンバーを募集しているクランのおすすめポイントやオススメクラン一覧などの記事を書いて、それを見たユーザーさんがクランに入会する仲介役のようなことをやっていました。 

実際にユーザー同士をつなげる取り組みをしてみて、どのように感じられましたか?

笠井さん
笠井さん
やっぱりゲーマー同士をマッチングするサービスは需要があるんだと実感しました。

そのようなサービスをプログラミングで本格的に作ったら、間違いなく需要があるだろうというところで開発したという感じです。

ブログとTwitterを掛け合わせながら、ユーザーを巻き込んでサービスを作っていきました。 

ただ自分の作りたい物を作るのではなく、本当にユーザーにとって需要があるものなのか確かめながらサービスを作られているんですね。

実際に利用するユーザーの声を大切にされていて素晴らしいです。

ユーザーの声を基に満足できるサービスに

Right Guardians」の実装段階のお話についても、聞かせてください。

リリースするまで、実装にはどれぐらいの時間をかけられたのですか?

笠井さん
笠井さん
4か月です。独学で仕事もしながらやっていたので、だいぶ遅いですね

時間をかけて作られた「Right Guardians」の、こだわったポイントを教えてください。

笠井さん
笠井さん
匿名性ではなくプロフィール登録をして、お互い事前に相手のことを知った上で友達同士になる事が出来るというところが一番のこだわりですかね。 

どういう情報を事前に知れたら満足するか、実際にユーザーさんにヒアリングしながら作っていきました。

ここでもユーザーさんの意見を取り入れながら制作されたんですね!

実際のプロフィールには、どのようなものが登録できるんですか?

笠井さん
笠井さん
簡単に言うと、ゲームのランクや、FPSの力量が分かりやすいキルレだったりです。

あとは好きな武器や職業、自分がガチでゲームをしているのか。ここは結構重要でガチでゲームしてるのかエンジョイか、そこでマッチング後のぎくしゃく度合いが変わってくるんですよ。

確かにゲームをする時に、どのレベルで楽しんでいるのかは結構大事ですよね。

機能面に関してはプロフィール登録が一番力を入れられてる点であり、苦労された点でもあるのでしょうか?

笠井さん
笠井さん
そうですね。そこが一番苦労したところになりますかね。

技術的なところになると、正直結構簡単な技術しか使ってなくて。

それこそAjax実装するときにちょっと苦労したとか、 AWSでサーバーインフラを構築する時に苦労したかぐらいしかなくて。

らんてくん
らんてくん
結構みんなAWSとか苦労しているぞ。
笠井さん
笠井さん
もっと細かいロジックを組むのに苦労したとか言う方もいらっしゃるじゃないですか。

複雑なロジックを考えて苦労したわけではないので、比較的難しくないのかなとは個人的に思ってます。  

一時はユーザー激減も、16万PVを獲得するサービスへ成長

そして満を持して「Right Guardians」を公開した後の反応はいかがでしたか?

笠井さん
笠井さん
公開後初日は1,000人以上のアクセスがあったんですけど、そこからすぐ一週間二週間ぐらいで94%減ぐらいまで下がったんですよ。

そこから1日数人の方にしか使っていただけなくて、ユーザーが定着しませんでした。  

それは大変ですね…。何か策は打たれたのですか?

笠井さん
笠井さん
企業さんとコラボ企画を行ったり、あとはゲームの中のイベントですね。

イベントで人と遊びたい度合いが高まる時に合わせて、専用の募集ページをつくったりもしました。

また、ユーザーの声を基に、離脱率を下げるための改善も行いました。

らんてくん
らんてくん
改善の効果はどうだったんだ?
笠井さん
笠井さん
リリースから8ヶ月ぐらい経ってから、初月の最高数を超えて1ヶ月で3,000人ぐらいに使って頂けるところまで戻しました
らんてくん
らんてくん
おお。素晴らしい!

実は笠井さんはRUNTEQに入学した時点でもうサービスの運用をされていました。

実際、開発期間よりも運用されている時間の方が長いですよね。

ちなみに今は、累計で何人ぐらいの方が利用されているのですか?

笠井さん
笠井さん
累計で今は2万5千人以上ですかね
らんてくん
らんてくん
2万5千人!?PV数じゃなくてか?
笠井さん
笠井さん
PVはもう16万PVぐらいです。
らんてくん
らんてくん
16万PV!聞いたことない桁が飛び出してきたぞ。

素晴らしいですね。

マーケティングに力を入れて今後も運営していこうという気持ちがあるのは、サービスとして強いことが分かりました。

RUNTEQでの経験が就活で活きる

就職活動の面接では、ポートフォリオについて話題になることはありましたか?

笠井さん
笠井さん
そうですね。ポートフォリオ自体はもちろん、ユーザーが付いてる点とサービスを作りきった自走力の二つを評価して頂きましたね。

RUNTEQでおっしゃってることは、本当にその通りなんだと思いましたね。これがなかったら僕は武器が何もないので、すごく大事です。

一つの武器を磨きあげたというところも、笠井さんの強みだったんですね。

笠井さんはポートフォリオをご自身で最初に作っていて、なおかつRUNTEQに入ってからもブラッシュアップしていかれましたよね。

独学とRUNTEQに入ってからと、何か違いはありましたか?

笠井さん
笠井さん
一番違うのは意識の問題なんですけど、ユーザーに対しても企業に対しても自信を持ってアピールしていいんだって思えました。
らんてくん
らんてくん
そう思える、何かきっかけがあったのか?
笠井さん
笠井さん
それこそポートフォリオ合同コンテストのeditchですね。

元々リリースした直後にユーザーが離れてしまったことから、自分のサービスは価値がないのか、使いにくかったのかと、宣伝等も全く自信をもってできませんでした。

また、就活でも自分のサービスは強みですと言えませんでした。

editchでどこをアピールしたらいいのか、気づかせていただいた点が一番大きかったですね。

editchでの経験は大きかったんですね。

これからeditchやバトランに出たいと考えている、RUNTEQ生に対してアドバイスはありますか?

笠井さん
笠井さん
出場して本選に出れる実力っていうのが、就活が決まるか決まらないかのボーダーラインとして一つ活用できるかなと思っています。

というのも、editchの本選に出た人は、僕を含めて全員エンジニアとして就職成功してるんですよ。

なので、みんな就職できるような実力を兼ね備えてたというところで、目指すべきポイントの指標として出場を目指すのがいいんじゃないかなと思いますね。

自分の実力がわかる、すごくいい機会だと思います。

らんてくん
らんてくん
出場者からの言葉は重みがあるな!
笠井さん
笠井さん
editchやBATTLE OF RUNTEQなどのコンテストに出ると、ポートフォリオを説明するための練習をするんです。

それがそのまま就活で使えるんですよ。ポートフォリオのアピール、サービスをつくった思い、こだわった箇所などの説明の準備ができます

なので、本当にその後にも生かせる。もしコンテストなどの機会があれば、絶対出た方がいいなと、出場した身としては思います。

笠井さんの仰る通りです!プログラミングスクールならではの機会をみなさん逃すことなく活用してくださいね!

では最後の質問です。今回おそらく初めてWebサービスを企画から運用開発までされたと思うのですが、いかがでしたか?

笠井さん
笠井さん
一番は自分がいいと思ってるものが、必ずしもユーザーが良いと思っているわけではないということ。そこは一番実感しましたね。

自分がいいなと思って作った機能があったんですけど、全く使われなくて。

ユーザーが欲しいって言ったものを作った方がいいなっていうのは、本当に身にしみて感じました。ユーザーが答えを持っているみたいな感じですね。

らんてくん
らんてくん
なるほど。
笠井さん
笠井さん
困ったらユーザーに聞いた方がいいですし、それがRUNTEQではできますし。RUNTEQのいいなと思う点は、仮リリース出来るじゃないですか。

受講生も一人のユーザーみたいな感じで意見を頂けるので、そこでブラッシュアップできます。

いろんなサービスを見てきた人の意見なので結構的確なアドバイスをもらえて、どんどん活用したほうがいいなと思います。

フィードバックがもらえるのは当たり前じゃないですからね。

ぜひ受講生の方には、笠井さんのおっしゃる通りRUNTEQを上手に活用していただきたいです。

笠井さん
笠井さん
RUNTEQでサービスを作った時点で絶対ユーザーはつきますし、フィードバックを基にデザインや機能面を改善しても反映した時点で、もう運用できていることになります。

それは就活で言えます。また、アドバイスくれた人が自分が応援したサービスと言うのでツイッターとかで拡散してくれて、公開後の広がりもあるので余計にユーザーを集めやすいんです。

集客しやすい仕組みが整っている本当に恵まれた環境だなと思います。そんなスクール僕が知っている限りでは、RUNTEQが一番かなと思います。

嬉しいお言葉ありがとうございます。

受講生も今後どのように学びを進めていけばいいのか、とても参考になったと思います。

笠井さん、お忙しい中ありがとうございました!

編集後記

Destiny2で一緒に遊べる人を募集できるフレンド募集サービス「Right Guardians」をご紹介しました。

いかがでしたでしょうか?

ユーザーの声を本当に大切にして、サービスを作られてきた笠井さん。

リリース直後はユーザー離れも経験しながら16万PVを獲得する人気サービスに成長させ、圧倒的なユーザー数と運用経験は高い評価を得ています。

RUNTEQではポートフォリオを公開してからユーザーにフィードバックをもらえるので、ユーザーの声を大切にしながら改善や運用を行うことが可能です。

より質の高いポートフォリオへ、どんどんブラッシュアップしていけます。

RUNTEQに少しでもご興味のある方、未経験からWebエンジニアを目指そうとお考えの方は、まずは一度無料キャリア相談会へお越しください!

運営一同お待ちしております♪ https://runteq.jp/