プログラミングスクール

ポテパンキャンプの料金は?返金制度や評判・口コミも紹介

ポテパンキャンプ

「ポテパンキャンプの受講料金や、分割払い時の月々の料金を知りたい」
「全額返金制度の詳細を知りたい」
「そもそもポテパンキャンプの評判は?」

Webエンジニアを目指すためにプログラミングスクールへ通おうと考えた時、ポテパンキャンプが候補に挙がり、料金や評判などについて詳しく知りたいと考えているもいらっしゃるでしょう。

そこでこの記事では、ポテパンキャンプの料金体系や返金制度について解説しつつ、他のプログラミングスクールとの料金比較や、実際にポテパンキャンプを利用している人たちの評判などについて紹介していきます。

プログラミングスクールは数多く存在するため、それぞれのスクールの特徴をよく調べておくべきです。
決して安くはないお金を払うのですから、安易に決めるのではなく、じっくりと比較検討するようにしてください。

ポテパンキャンプの特徴

ポテパンキャンプの特徴

ポテパンキャンプとは、Webエンジニアとして活躍するためのスキル習得に特化したプログラミングスクールです。

主に、以下のような特徴があります。

強力な転職サポート体制

ポテパンキャンプでのカリキュラムを終了すると、経験豊富な専任のキャリアカウンセラーによってあらゆる転職サポートが行われます。

  • オリジナルポートフォリオのための企画や作成支援
  • エントリーシートの添削
  • 面接対策
  • 本人の意思やスキルにマッチした就職先企業の紹介

このような徹底した転職サポートに加え、100社以上の自社開発企業と提携しているため、経験者・未経験者を問わずWebエンジニア転職が成功しやすい環境が整っています。

そのため、ポテパンキャンプの転職サポートの満足度は100%という数値が出ています。(2021年10月~2022年6月のデータ)

転職成功者全員がWeb系開発企業内定という実績

ポテパンキャンプの受講生のうち、29歳以下で転職サポートを利用した転職成功者は、全員がWeb系自社開発企業にエンジニアとして採用されています。(2021年7月~10月の実績)

こういった実績を出せるのは、ポテパンキャンプが100社以上のWeb系自社開発企業と提携しているからですが、これだけ多くの自社開発企業と提携できるのには理由があります。

プログラミングスクールが提携先の企業へ卒業生を紹介する場合には、企業から紹介料を取るのが普通ですが、ポテパンキャンプは紹介料を受け取りません。
従って多くの企業と提携することができ、結果的に卒業生たちの転職を強力に後押しすることになるのです。

実践的なカリキュラム

ポテパンキャンプのカリキュラムは、多くの開発現場で認められるほどの実践的な内容となっています。

カリキュラムの流れは以下の通りです。

  1. 【1ヶ月目】HTML/CSSとJavaScriptの基礎学習
    (サイト模写や、JavaScriptでのストップウォッチアプリなどの開発)
  2. 【2か月目】Rubyの基礎学習
    (変数やデータ型、条件分岐、関数などを学習。メモアプリなどの開発も行う)
  3. 【3か月目】Ruby on Rails基礎学習
    (Railsの仕組みやMVC・CRUD操作の基礎を学習。スケジュールアプリや宿泊施設予約サイトなどの開発も行う)
  4. 【4~5ヶ月目】模擬プロジェクト開発
    (実際の現場と同じ流れで模擬的な開発を行う。Dockerを用いた環境構築やコードリーディング、Gitを用いたチーム開発など)

模擬開発期間が2か月もあるのが特徴で、この期間は現役エンジニアからの厳しいレビューを受けながら開発を進めていくため、高い自走力が身に付きます。

30代でも受講可能

年齢制限のあるプログラミングスクールも少なくありませんが、ポテパンキャンプでは30代未経験からでも受講が可能となっています。

そして実際に、30代未経験からのエンジニア転職に成功している方もいます。

未経験の場合、エンジニアの転職市場では20代がメインとなりますが、30代前半や中盤ならば、努力やこれまでの経験などを活かすことでエンジニア転職が可能となります。

ただし、20代よりも不利になることは間違いない上、30代の場合は転職に失敗しても全額返金制度の対象とならないため、それなりの覚悟が必要です。

ポテパンキャンプの料金体系

料金プラン

この項目では、ポテパンキャンプの受講料金や分割払い時の支払額、返金対象となるための条件といった、料金体系について解説していきます。

場合によっては受講料金を下げることも可能なので、是非ご参考ください。

受講料金

ポテパンキャンプの受講コースは「Railsキャリアコース」のみで、受講料金は44万円(税込)となっています。
学習期間は5カ月で、「HTML/CSS 」・「JavaScript」・「Ruby」・「Ruby on Rails」などについて学ぶことができます。

以前は、22万円(税込)の「Webアプリケーションコース」もあったのですが、2021年7月に終了となりました。

分割払いは可能?

プログラミングスクールへの支払いは、分割払いが可能な場合が多い中、ポテパンキャンプは2021年末まで分割払いに対応していませんでした。

しかし2023年1月現在では、分割払いにも対応しています。

分割払いの料金は分割回数によって変わり、一番安い料金だと月々13,900円 (税込)となっています。

分割回数 初月の支払い 2回目以降の支払い
36回 17,212円 13,900円
24回 20,116円 20,100円
12回 39,336円 38,400円
6回 75,616円 75,200円
3回 149,000円 148,800円

返金保証

ポテパンキャンプの転職サポートを利用しても転職できなかった場合には、受講料金を全額返金してもらうことができます。

ただし、返金対象となるには以下の条件を満たす必要があります。

  • 転職サポート開始時の年齢が29歳以下
  • ポテパンキャンプが定める期間内にプログラミング学習を修了する
  • 転職サポート開始日から180日が経過
  • 受講コースの最終課題を提出済み、かつ提出後すぐに転職意思がある
  • 東京エリアでの就職が可能
  • 日本語の読み書きに問題がない
  • 受講期間および転職サポート期間中に5日以上音信不通にならない
  • ポートフォリオ作成に60日以上かけない(充分な転職活動をするため)
  • ポテパンキャンプが紹介する企業に転職する意思がある
  • 内定を受けた企業に転職する意思がある
  • 健康状態/病歴/犯罪履歴といった受講者の個人的な理由に問題がない

当然ではありますが、全額返金の対象となるためには上記のように多くの条件がありますので、事前にしっかり確認しておきましょう。

また、過去に全額返金保証制度が適用されたり、ポテパンキャンプから「就職の意思なし」と判断されたりした場合も、全額返金対象とならないので注意してください。

学割制度あり

ポテパンキャンプには学割制度があり、学生であれば受講料金が20%割引となります。

学割を利用することで、受講料金が352,000円(税込)となるため、約9万円も割引されることになります。

大学生ならば是非とも活用すべきでしょう。

ポテパンキャンプと他のプログラミングスクールとの料金比較

料金比較

※料金はすべて税込み

一括料金 分割料金 受講期間 学習内容 受講方式
ポテパンキャンプ 440,000円 13,900円~ 5か月 HTML/CSS、JavaScript、Ruby、Ruby on Railsなど オンライン
RUNTEQ 437,800円 21,000円~ 9か月 JavaScript、Ruby、Ruby on Rails、SQL、RSpecなど オンライン
侍エンジニア 165,000円~1,694,000円 4,098円~ 1か月~12か月 HTML/CSS、JavaScript、Wordpress、GitHub、PHP、Ruby、Javaなど オンライン
テックキャンプ 657,800円~877,800円 19,600円~ 10週間~6か月 HTML/CSS、JavaScript、Ruby、Ruby on Rails、AWS、SQLなど オンライン
Code Camp 132,000円~594,000円 6,200円~ 2か月~6か月 HTML/CSS、JavaScript、Webデザイン、PHP、Java、Rubyなど オンライン

上記は、Webエンジニアを目指す人向けの主要なプログラミングスクールとなっています。

同じWebエンジニア向けのスクールではありますが、カリキュラムの内容や受講期間、料金には違いがあります。

スクール選びの際は、受講期間の長さやカリキュラムの内容が料金と釣り合っているかなどをじっくり比較することが重要です。

ポテパンキャンプの評判

ポテパンキャンプの評判や口コミ

実際にポテパンキャンプを受講している人・過去に受講した人の声を拾いながら、ポテパンキャンプの評判について紹介していきます。

転職サポートが充実している

ポテパンキャンプは転職サポートに非常に力を入れており、転職成功率の高さはもちろん、転職先の質にもこだわっています。

そのため、転職支援を評価する声が多い印象です。

現役エンジニアが細かくレビューしてくれる

ポテパンキャンプでは、50人以上の現役エンジニアが講師として加わっており、受講生たちがこなした課題のレビューを行っています。

そのレビュー内容は厳しく、148ものチェック項目の基準を満たすまで講師が厳しくレビューします。

時に厳しいレビューで心が折れそうになる受講生もいるようですが、だからこそ鍛えられ、高いスキルが身に付いていくのでしょう。

カリキュラムの難易度が高いので挫折しやすい

ポテパンキャンプのカリキュラムは、良くも悪くもかなり難易度が高くなっています。
そのため、未経験から事前学習なしで申し込むと、その厳しい内容についていけず、途中で挫折してしまう人も多いようです。

申し込む前に、必ず最後まで学習をやり切るという強い意志を持たないと、高い受講料が無駄になってしまうかもしれません。

「ポテパンキャンプ」か「RUNTEQ」で悩む人が多い

ポテパンキャンプとRUNTEQ

ポテパンキャンプとRUNTEQは、ともにWebエンジニア育成に特化したプログラミングスクールで、以下のような共通点があります。

  • 自社開発企業への転職成功率が高い
  • 質の高いカリキュラム
  • 学習内容やサポート内容の充実度に比べて料金が安い
  • ポートフォリオ作成支援にも力を入れている

Twitter上でも、ポテパンキャンプとRUNTEQを比較していたり、どちらに通うか迷っていたりする声が多く見られます。

そして実際に現場で働いているエンジニア側も、RUNTEQとポテパンキャンプの卒業生はレベルが高いと感じているようです。

また、同業であるプログラミングスクール運営者の方の評価も以下の通りです。

もしどちらのスクールにすべきか悩んでいる場合には、両方の無料相談会に参加し、詳しく話を聞き比較してみるのがおすすめです。

ネットの情報だけではわからないこともありますし、「肌に合う・合わない」についても対面で話を聞いた方が判断しやすいかと思われます。

RUNTEQ無料キャリア相談会

ポテパンキャンプ無料カウンセリング

まとめ

まとめ

以上、ポテパンキャンプの受講料金や評判、口コミ、返金制度などについて解説しました。

今回の記事のまとめ
  • ポテパンキャンプの受講料は44万円で、分割払いにも対応
  • 20代以下ならば、転職できなかった際の全額返金制度あり
  • カリキュラムや現役エンジニアによるレビューは厳しいが、その分卒業時には高いスキルや自走力が身に付いている可能性が高い
  • ポテパンキャンプとRUNTEQはよく比較される

ポテパンキャンプはカリキュラムが厳しいことで定評のあるスクールです。ボリュームのあるカリキュラムが魅力です。

受講料が44万円となっているため、本気でWebエンジニアを目指す人には向いているスクールだと言えるでしょう。

Web系エンジニアを目指すスクールとしてポテパンキャンプとRUNTEQはよく比較されています。どちらもWeb系エンジニア転職に輩出をしています。RUNTEQは日本最大級の比較検証サイトのmybestでプログラミングスクール部門1位を獲得しているスクールです。

ポテパンキャンプを検討されている方もRUNTEQの無料キャリア相談会にも参加してみることをおすすめします。

RUNTEQ無料キャリア相談会

ポテパンキャンプ無料カウンセリング

この記事を読んだ方にオススメ