「一生の仕事としてエンジニアになりたい。」
その夢を現実に変えるために、RUNTEQに来てください。

「基本は覚えたものの、実際の仕事には全然ついていけない。」
その壁を超えるために、RUNTEQを使ってください。

もうアナタは気づいているはず。
教科書通りのコードが書けても意味がないってことに。
エンジニアとして生きていくための何かが、まだ足りないということに。

その溝を埋めるために必要なのは“現場力”。

だからRUNTEQは現役のエンジニアが講師をします。

すべての基準は「現場で使えること」。

コードを書くだけじゃない、プログラミングを覚えるだけじゃない、
卒業する頃にはアナタが本物のエンジニアになるためのベースがしっかりとできあがります。

RUNTEQで技術力と思考力を鍛えましょう。

こんなことにお悩みではありませんか?


Bother

初心者を抜け出せない

何を勉強したら良いかわからない

現場の仕事についていけない

RUNTEQで鍛えて、現場で通用するエンジニアになろう!


講師は全て現役のエンジニア

スタートアップテクノロジーのエンジニアが講師です。現場で何が起きるかを理解しているからこそ、生きた授業ができます。

現場での課題を元にカリキュラムを作成

バグ修正や他人の書いたものを改善していくなど、現場の仕事にそってオリジナルカリキュラムを組んでいます。

本当に必要な力が身につく

コードが書けるだけでなく、仕様を理解する、要件定義をまとめるなど、エンジニアに必要な課題解決力をすべて学べます。

RUNTEQで身につけられるもの

エンジニアとして働くために、本当に必要なものが身につきます


技術力

RUNTEQの卒業試験は「Railsエンジニアとして現場で通用するか」が基準。プロのエンジニアが厳しくジャッジします。

現場力

数々の課題で、チーム開発やアジャイル開発で出現する様々なパターンを経験。現場で生きる力が身につきます。

自走力

エンジニアとしての質問力や自分で調べて解決していく思考力、仕事に対する姿勢などを鍛えることができます。

Rails

なぜRailsなの?

就職機会 + 学びやすさ

スタートアップ企業を中心に、WEBサービスやアプリ開発の現場ではRailsが採用されることが多くなっています。「WEBエンジニアになりたい」のであれば、Railsエンジニアとしての腕を磨くことが近道なのです。

Railsはエンジニア同士のコミュニティが活発だったり、日本語での文献や情報も多く、初心者が学びやすい言語です。

つまり、現場で通用するRailsエンジニアになることが最適解!

充実のサポート

RUNTEQは受講中から卒業後の就職までを一貫してサポート


Career counseling

受講中の進路相談

スタートアップテクノロジーのエンジニアやIT業界に強い人事担当に、キャリアパスの相談ができます。

Employment counseling

卒業生への就職サポート

希望者には、就職先の斡旋やお仕事の紹介をします。

Technical support

卒業後の技術相談

卒業後も卒業生や講師陣への技術相談が可能です。コミュニティを使って継続的に技術力を鍛えられます。

Company experience

開発現場体験

スタートアップテクノロジーの現場見学や、社内で行われているエンジニア勉強会などに参加できます。

卒業までの流れ

本気の人だけを集めた少人数のスクールで3カ月集中特訓


説明会

説明会の参加が必須です。まずはお気軽にご参加ください。

① 面接 + テスト

Railsエンジニアとしてのレベルチェックなどを行います。

② 合格・受講

合格したら集中特訓がスタート。課題をこなして、自分の技術力を高めましょう。

③ 卒業

卒業試験に合格したらRUNTEQ卒業生として活躍してください。就職サポートもご活用ください。

料金 / その他基本情報

一括払い、分割払いの2つの方法からお選び頂けます


¥108,000(税別)

月額支払い(3ヶ月)

  • 入学時、並びに毎月末27日までに、翌月分の受講料として上記金額をお支払い下さい
  • 支払い確認後、翌月1ヶ月の受講が可能です
よりお得!

¥298,000(税別)

一括払い

  • 入学時に、上記金額をお支払い下さい
  • 以後、卒業まで継続して受講頂けます