働き方

【人のためになる仕事10選】やりがいを実感できる職業ランキング

「人のためになる仕事とはどんな仕事なのか知りたい」
「人のためになる仕事に就くにはどうすればいいのか知りたい」

このような悩みをお持ちではないでしょうか?

仕事選びの基準として、「誰かの役に立ちたい」「人のためになる仕事に就きたい」と考えていても、どのような仕事を選べばいいか悩んでしまう方も多いと思います。

そこで今回は、下記の内容を解説していきます。

  • 人のためになる仕事とは?
  • やりがいを実感できる「人のためになる仕事」ランキング
  • 人のためになる職業へ就職・転職するには?

今回の記事では、Web系の開発会社を運営しつつもWeb系エンジニアへの転職を目指す人に向けてのプログラミングスクールを運営している弊社が、人のためになる仕事へ就く方法を解説していきます。

この記事を最後まで読めば、他者に対して貢献していると実感しやすい仕事を幅広く知ることができます。

自分に合った仕事選びの参考になると思いますので、ぜひ参考にしてみてください。

人のためになる仕事とは?

人のためになる仕事と言われても、パッとイメージが浮かびづらい方も多いと思います。

なぜなら、ほとんどの仕事は誰かの役に立っているからです。

本記事では、その中でも特にやりがいや人のためになっていることを実感しやすい仕事を紹介していきます。

人の生活を支える仕事

生活を送る上で必要不可欠になるサービスや仕事は、人のためになる仕事と言えるでしょう。

例えば、電気・ガス・水道などのインフラ系の仕事がなければ、私たちは満足いく暮らしができないからです。

また、エンジニアなども人々の生活を支えるための仕事をしています。

いつでもどこでもネットを使って手軽にショッピングができたり、Webページを見ることができるのも、裏側でWebエンジニアがプログラミングをして環境を整えているからです。

このように、生活をする上で必要になる仕事などは大いに人々の役に立っていると言えるでしょう。

誰かの助けが必要な人を支える仕事

誰かの助けが必要になる仕事は、間違いなく感謝される仕事といえます。

わかりやすい例ですと、医療や介護といった直接的に人を助ける仕事です。

超高齢化社会になり、要介護を必要とする高齢者の方の割合が増えている中で、生活を支えるためには介護士が必要です。

ケガや病気など、人の生命が関わっている状態で適切な処置をするために、医師や看護師など医療関係の仕事はなくてはならない存在です。

このように、目の前の人が困っているときに助けることができる仕事は、人のためになる仕事と実感しやすいでしょう。

人を幸せな気持ちにさせる仕事

人を楽しませたり、幸せな気持ちにさせるといった仕事も、誰かの役に立っていると実感しやすいです。

飲食店であれば、目の前のお客さんに美味しい料理を提供して喜んでもらえたり、記念日など大切な思い出作りの一環を担うこともあります。

アミューズメント系の仕事であれば、感動するパフォーマンスを披露したりと、人を幸せな気持ちにすることができます。

このような仕事は、お客さんから感謝の言葉を伝えてもらえたり、喜ぶ姿を間近で見ることができるでしょう。

人のためになる仕事の中には、人を喜ばせる飲食やエンターテイメントの仕事も必要です。

社会貢献に繋がる仕事

社会貢献につながるような仕事であれば、時間はかかるかもしれないですが、大きなやりがいにつながります。

社会貢献につながる仕事
  • 教育関係
  • 保育
  • 公務員
  • 環境問題を解決する仕事

教師や保育士は、目の前の人を成長させるといった大きな役割があるため、これらの職業に就くまでには時間がかかるかもしれません。

しかし、資格を得て教師や保育士になることができれば、多くの人から感謝される機会が増えるでしょう。

また、青年海外協力隊員(JICA)などの発展途上国の環境問題を解決する仕事は、大きな社会貢献につながるためやりがいも感じやすいです。

長い目で向き合わないといけないですが、社会貢献につながる仕事も、必ず人の役に立ちます。

やりがいを実感できる「人のためになる仕事」ランキング

1位:医療従事者

医療従事者は、人の命を救うための職業です。

医者の種類
  • 病気の治療や予防を行う臨床医
  • 医学を研究する研究医

特に医師や看護師は、患者さんの命を救う仕事がメインになるため責任重大です。

しかし、人から感謝されることも多く、目の前の人を救うことができるため、人のためになっていることを強く実感できる職業です。

2位:介護/福祉関連

介護士や社会福祉士は、日常生活に支障をきたす高齢者や障害者の方のサポートをする仕事です。

介護士の仕事内容
  • 排泄介助
  • 入浴介助
  • 食事介助
社会福祉士の仕事内容
  • 福祉に関する相談
  • 福祉サービスとの連携・調整

介護士の対象となるのは、障害を抱えた高齢者などがメインです。

体が動かしづらくお風呂に入れない方の介助や、食事を作って食べさせてあげるなど、日常生活で障害となる部分の手助けをします。

利用者との距離も近いため、直接的に感謝される機会も多い職業です。

3位:教育者

教育者は、人を支えるためには必要不可欠な存在です。

教育者の種類
  • 教師
  • 大学教授
  • 塾講師
  • 各種スクール従事者

教育者といっても、上記のように様々な種類に分かれますが、とくに日本の未来を担う子供に対して指導する教師や塾講師は、やりがいを感じやすいはずです。

教育者としての喜びは、なんといっても、目の前の人に寄り添いながら問題を解決したり成長する姿を見ることができたりすることでしょう。

4位:警察官

国民が安心・安全に暮らせるために、人々を犯罪から守ったり街の治安維持に努めるのが警察官です。

地域住民から感謝されることは、嬉しい気持ちになりますし、やりがいを感じやすいでしょう。

警察官の仕事内容
  • パトロール
  • 交通案内
  • 防犯活動

国民を守るといった目の前の仕事から、社会全体の秩序を守る社会貢献の仕事まで幅広いです。

5位:消防士

火事が起こったときに消化活動や救助をする消防士は、人の命を助ける重要な仕事です。

消防士の仕事内容
  • 消火活動
  • 救急活動
  • 救助活動

火災現場に駆けつけながら火を消す消火活動や、ケガ人を病院に運ぶ救急活動、事故や火災で閉じ込められた人を救助する救助活動などがあります。

命の危険と隣り合わせの大変な仕事ですが、救助活動は人の命を救える誇りのある仕事です。

6位:インフラ系従事者

電気・ガス・水道といったインフラ系の仕事も、人々の生活を支えるためには必要不可欠です。

インフラ系の仕事
  • 生活インフラ
  • 交通インフラ
  • エネルギーインフラ

インフラ系の仕事は公共のものが多いため、経営も安定していたり、福利厚生もしっかりしています。

人の暮らしを支えるための基盤となっている仕事が多いため、社会貢献をしている実感を感じやすいでしょう。

7位:弁護士

法律の専門家として、個人や企業の問題を解決するのが弁護士の仕事です。

弁護士の仕事内容
  • 法律に関する相談
  • 法律に関する書類作成
  • 裁判手続きや交渉

社会生活を送るにあたって、個人・法人に限らず、主張がぶつかり問題に発展してしまうケースも少なくありません。

そんなときに法律の専門家として、適切な対処法やアドバイスをすることで、両者の問題を解決することが仕事です。

社会の中で起きたしがらみを解決するため、社会生活上の医者とも呼ばれています。

8位:保育士

共働きの世帯が増えている中で、子供の保育を担当するのが保育士の仕事です。

保育士の仕事内容
  • 子供たちの世話
  • 健康管理のチェック
  • 保育計画書の作成
  • 子育てのアドバイス

保育士の仕事内容は、子供たちの世話がメインになります。

正しい生活習慣や社会性を身に付けさせるために必要不可欠な存在であり、子育てに悩む保護者へのアドバイスなども行います。

子供たちがのびのびと育っていくためのサポートをするのが保育士です。

9位:エンジニア

ITの専門知識やスキルを駆使しながら、人々の生活を便利にしているのがエンジニアです。

エンジニアの種類の例
  • フロントエンドエンジニア
  • バックエンドエンジニア
  • インフラエンジニア
  • AIエンジニア

エンジニアは、専門としている分野によって担当する業務が変わります。

例えば、ユーザーの目に見えない裏側の仕組みを作るバックエンドエンジニアは、商品の在庫管理やお問い合わせ窓口のシステムをプログラミングします。

このようにWebエンジニアがシステムを開発することで、私たちはいつでもどこでも気軽にネットショッピングを楽しむことができます。

あらゆるところで、生活を便利にしているのがエンジニアです。

10位:飲食業

レストランやカフェなど、飲食の提供を行っているのが飲食業です。

飲食業の仕事内容
  • お客様への接客
  • 商品開発
  • 店舗経営

お客様が来店することによって、幸せな気持ちになるような料理を作ったり、リラックスした空間を作ることが飲食店の役割です。

おいしいものを食べると人は幸せを感じるため、食を通して人々に価値を提供することができます。

人のためになる職業へ就職・転職するには?

必要な資格を取得する

人のためになる仕事に就きたい場合は、必要になる資格がないかを確認しつつ、資格が必要ならば取得するための学習計画を立てましょう。

気になる仕事があれば、ネットで検索すれば必要な資格や役立つ資格を見つけることができます。

医師・看護師・弁護士などの国家資格であれば、難易度の高い試験になるため、しっかりとした学習計画を立てる必要があります。

やりたい仕事に就職・転職するためには、余裕を持った学習計画を立てながら、資格取得の勉強をしていきましょう。

スキルを高める/経験を積む

やりたいことが定まり就きたい仕事が明確になったあとは、実務経験を積んだりスキルを高める行動を起こしましょう。

例えば、将来就きたい職業に活かせそうなバイトを始めてみたり、企業インターンに参加するのもおすすめです。

独学で学んだり、スクールに通って本格的なスキルを身に付けていくのもよいでしょう。

もちろん、必要となる資格を取得することは大切ですが、あくまでも現場で活かすことが一番です。
そのため、実践的な経験を積んだり、スキルを身に付けていくことも大切です。

志望動機を明確にする

やりたい仕事へ就くためには、面接官に対して必要な人材であることをしっかりアピールする必要があります。

漠然と「人のためになりたいです!」と伝えても採用されないため、やりたいことを明確にしながら、具体的なビジョンを伝えられるような志望動機を作りましょう。

志望動機が具体的になれば、相手にもイメージが伝わりやすく、採用される可能性も上がります。

就職・転職をするときには、自分の市場価値を高めることも大事ですが、面接を通過できるような明確な志望動機を作るなどの準備もしておきましょう。

多くの求人サイトを活用する

就職・転職を成功させたいのであれば、多くの求人サイトを活用していきましょう。

なぜなら、自分に合う求人を効率的に探せたり、応募できる求人の数が増えるからです。

求人サイト自体は無料で使えるものが大半なので、複数同時に使っても損はありません。

少しでも就職・転職のチャンスを増やすためには、複数の求人サイトを使っていきましょう。

まとめ

今回の記事では、人のためになる仕事について解説しました。

今回の記事のまとめ
  • 人のためになる仕事は世の中にたくさんある
  • 医療・介護・消防士など人の命に関わる仕事は、責任感が大きいがやりがいも大きい
  • 人のためになる仕事に就くために、資格取得の勉強や明確な志望動機を作ろう

人の命を救うものから社会貢献につながるものなど、幅広い種類の仕事を紹介させていただきました。

その中でも、看護師や弁護士など国家資格が必要なものもあります。

そのため、やりたい仕事に就くためには、いち早く業界のリサーチをしたり、資格取得のための学習計画を立てるなど、しっかりと転職準備を進めていきましょう。

弊社では、開発現場が求めるエンジニアになるためのプログラミングスクール「RUNTEQ」を運営しております。

この記事を読んで少しでもWebエンジニアに興味を持った方は、ぜひ無料のキャリア相談会へ足を運んでくださいね。