Web制作

【Web制作ではもう食えない】将来的に職を失わずに生き残る方法

「Web 制作だけでは食えなくなってしまうのかを知りたい」
「これまでWeb制作をしてきたが、今後生き残るにはどうすればいいか知りたい」

このような悩みをお持ちではないでしょうか?

「Web制作はオワコン」といった意見を聞くと、今後Web制作で稼ぐのは難しいのではないかと不安に思う方もいると思います。

そこで今回は、下記の内容を解説していきます。

  • Web制作はオワコンだからもう食えない?
  • 将来稼げなくなるエンジニアとは?
  • エンジニアとして生き残る方法

今回の記事では、Web系の開発会社を運営しつつもWeb系エンジニアへの転職を目指す人に向けてのプログラミングスクールを運営している弊社が、Web制作の将来性やエンジニアとして生き残る方法について解説していきます。

この記事を最後まで読めば、今後も生き残るエンジニアになるための方法が分かりますので、ぜひ最後まで読んでくださいね!

Web制作はオワコンだからもう食えない?

結論として、今後はWeb制作だけでは食えなくなる可能性が高いといえます。
この項目では、以下について解説していきます。

  • Web制作では食えなくなる理由
  • 生き残っているWeb制作企業の特徴
  • 稼いでいるフリーランスの特徴

まずはWeb制作がオワコンになる可能性が高い理由を知り、今後も生き残るための方法について学んでいきましょう。

Web制作だけでは食えなくなる理由

今後はWeb制作のスキルだけでは食えなくなる可能性が非常に高いです。

例えば、以下のようなエンジニアはライバルが多く、希少価値を出すのが難しいです。

今後も食っていくのが難しいエンジニア
  • HTML・CSS・JavaScriptだけできる
  • Webデザインだけできる

上記のような、それほどスキルが豊富ではないコーダーは増え続けており、結果的にWeb制作案件の単価もどんどん安くなっています。

らんてくん
らんてくん
ライバルが多すぎると案件単価も落ちていくんだな!

そうですね。
また、Wixやペライチのような質の高いWeb制作無料ツールも多いため、上記のようなスキルだけでは仕事を受注して食べていくのが難しいと言えます。

結果的に、低スキルのweb制作コーダーには仕事が回って来ず、稼げなくなる可能性が高いです。

稼いでいるWeb制作企業の特徴

Web制作は食えないと言われている中でも、しっかりと稼いでいるWeb制作企業も存在ます。
そのような企業には以下のような特徴があります。

稼いでいるWeb制作企業の特徴
  • 安価で案件を大量に受けている
  • 高いクオリティを強みに資本力のあるクライアントを獲得している
  • マーケティング観点でWeb制作ができる
  • Web制作以外の事業も行っている

やはり、Web制作1本だけで生き残ると言うのが難しくなっているため、独自の戦略によって差別化を図る必要があります。

例えば、Web制作会社で儲けている企業としては、ベンチャー企業にターゲットを定めて「〇〇社だからこそ発注したい」と思われる独自の強みを作ったり、SEO対策などWebマーケティングスキルを活かして、大量に案件を受注するなどの工夫をしています。

また業績が右肩上がりのWeb制作会社でも、将来性を考えたときに、別事業を立ち上げながら収益を分散させてリスクヘッジしている企業もあります。

このように、Web制作ができれば儲かると言うわけではなく、独自のマーケティングや別事業によるリスクヘッジなどが必要になってくるでしょう。

稼いでいるフリーランスの特徴

稼いでいるフリーランスの特徴としてわかりやすいのが、他のフリーランスとは違う付加価値を持っているということです。

これは、副業で案件を獲得している人にとっても同じであるため、しっかり押さえておきましょう。

稼いでいるフリーランスの特徴
  • SEOにも詳しい
  • ディレクションスキルもある
  • コミュニケーション力が高い
  • 営業力があり案件を引っ張れる
らんてくん
らんてくん
1つのスキルを深めることも大事だけど、あらゆるスキルを組み合わせることで差別化できそうだね!

まさにその通りですね。
1つのスキルで稼ぐことも可能ではありますが、他のエンジニアを圧倒するようなレベルのスキルがない限りは、目立たずに埋もれてしまいます。

開発に関わるスキルも大切ですが、案件を獲得する影響力や、クライアントのストレスがほぼ0になる円滑なコミュニケーションが取れることも評価されます。

フリーランスとして稼ぐための主力のスキルを極めたあとは、関連スキルを身に付けていきましょう。
そうすれば、ほかの仕事を巻き取って、単価を上げるといったこともできます。

将来稼げなくなるエンジニアとは?

Web制作のスキルだけで満足している

Web制作スキルだけで満足しているエンジニアは、今後稼ぐのが難しくなるでしょう。

先ほどもお伝えしましたが、今ではノーコードツールなど、高品質で無料のサイトを作れるからです。

クライアント目線に立って考えてみても、無料で満足いくサイトが作れるなら、わざわざ高いお金を払って発注しようとは思わないでしょう。

そのため、今後も生き残っていくためにはWeb制作スキルだけで満足せずに、SEOやライティングなど関連したスキルも磨いていく必要があります。

単価を上げる努力をしない

これは特にフリーランスに言えることですが、単価を上げる努力をしない限り、稼げるようにはなりません。

例えば、クラウドソーシングサービスなどを使って、ただただ低い案件ばかり受注しているケースだと、永遠に稼げないままになってしまうためどこかで行き詰まってしまいます。

実績作りのために低単価の案件を受注することは大切ですが、あくまでも高単価の案件を受注するためのステップアップとして考えつつ、いずれは単価をアップさせるための努力をしましょう。

単価を上げるための努力
  • スキルを向上させる
  • 営業力を身につけて案件を獲得する
  • 交渉力を身に付けて単価を上げる

フリーランスとして稼ぐためにはやるべきことが多く、大変に感じるかもしれません。

しかし単価を上げるための努力をすれば、今後も稼ぎ続けられるフリーランスになれる可能性が高まるでしょう。

仕事の役に立たない無駄な勉強をしている

勉強熱心の方の中には、とりあえずスキルを高めようと勉強している方もいますが、実戦で役に立たなければ稼ぐことはできません。

なぜなら、闇雲に勉強していても、クライアントに喜んでもらえるような行動に移せなければ単価は上がらないからです。

らんてくん
らんてくん
いつか役立つスキルなら勉強してもいいんじゃないか?

のちのち自分に返ってくることを想定して勉強することは大切ですが、ある程度は目先でも稼げるようなスキルを磨かなければ、ジリ貧になってしまう可能性もあるため注意です。

いずれ役立つ勉強をするよりも、目の前のクライアントに価値を提供できるようなスキルを磨いていくことがおすすめです。

エンジニアとして生き残る方法

今後も生き残っていくエンジニアになるためには、できることを増やしていくことが大切です。

Web制作ができるエンジニアはたくさんいるため、他のエンジニアとは違う希少価値を高めて、ポジションを取ることが大事だからです。

エンジニアとして生き残る方法
  • サーバーサイド言語のスキルを学ぶ
  • Webマーケティングスキルを磨く
  • 営業力や交渉力を身につける

例えば、Rubyなどのサーバーサイド言語のスキルを学べば、Web制作スキルがWeb開発スキルにレベルアップします。

デザインができることに加えて、Webアプリ開発ができるエンジニアになれば、エンジニアとしての付加価値が大きく高まります。

このように、できることを少しずつ増やすことで、今後も必要とされるエンジニアになれるでしょう。

まとめ

今回の記事では、Web制作の将来性と今後も稼げるエンジニアの特徴について解説しました。

今回の記事のまとめ
  • Web制作一本ではオワコンになる可能性が高い
  • 稼いでいるWeb制作会社は独自性などの強みがある
  • フリーランスとして生き残るには、スキルを掛け合わせたり付加価値を高める意識を持つ

今では、ノーコードツールなど高品質のWeb制作ツールも台頭しているため、人間だからこそできることに意識を向ける必要が出てくるでしょう。

わかりやすい例として、Web制作に関連のあるスキルを磨いてスキルを掛け合わせたり、営業力や交渉力などのヒューマンスキルを身に付けることが重要です。

弊社では、開発現場が求めるエンジニアになるためのプログラミングスクール「RUNTEQ」を運営しております。

この記事を読んで少しでもWebエンジニアに興味を持った方は、ぜひ無料のキャリア相談会へ足を運んでくださいね。