Webエンジニア

【1,000万円も可能?】Webエンジニアが年収を上げるために意識しておきたいこと

Webエンジニア年収1000万円

「Webエンジニアが年収を1,000万円まで上げる事は現実的に可能なの?」
「Webエンジニアとして1,000万円稼ぐための具体的な方法について知りたい」

Webエンジニアになったとしても、どのようにして年収1,000万円を達成できるか、具体的なイメージが浮かばずに悩んでしまうことがありますよね。

そこで今回は、下記の内容を解説していきます。

  • Webエンジニアの平均年収ってどれぐらい?
  • 未経験エンジニアが1,000万円を達成するための方法
  • Webエンジニアで1,000万円を目指せる会社

今回の記事では、Web系の開発会社を運営しつつもWeb系エンジニアへの転職を目指す人に向けてのプログラミングスクールを運営している弊社が、Webエンジニアとして年収1,000万円まで稼ぐ具体的なロードマップについて解説していきます。

この記事を最後まで読めば、業界知識がない状態でWebエンジニアに転職しても活躍できる具体的なイメージが掴めるようになりますよ。

Webエンジニアとして高収入を目指したい方は、ぜひ最後まで読んでくださいね!

現役エンジニアの平均年収は約540万円ほど

現役エンジニアの平均年収としては約542万円と言われています。

一般的な正社員の平均年収が409万円と言われているので、エンジニアは高収入な部類だと感じますよね。実際に、エンジニアの年収はこのように推移していきます。

  • 20代Webエンジニアの平均年収は約362万円
  • 30代Webエンジニアの平均年収は約553万円

その他にも、細かい部分で以下のような条件で年収は変わってきます。

  • スキルの有無
  • エンジニア未経験か前職での経験があるか
  • 会社による違い

エンジニアは専門職だからこそ、実力に応じて年収が大きく変わる職業と言えますね。

後ほど紹介しますが、独立や起業をせずに会社員でも年収を1,000万円以上目指せるのもエンジニアの魅力の1つです。

平均年収としては542万円ですが、平均値ではなく中央値を見てみるのもよいでしょう。Webエンジニアの平均年収や、未経験Webエンジニアの年手などの詳細については、下記の記事にまとめてあります。ぜひ、ご参考にしてみてください。

年収を1,000万円以上稼げるエンジニアになるには経験を積みましょう

年収を1,000万円以上稼げるエンジニアになる方法を考えても、パッと浮かびませんし難しく感じるかと思います。そこで、未経験からでも会社員で年収を1,000万円以上稼ぐためのロードマップをご紹介していきます。具体的な流れとしては、以下の通りです。

  1. どんなことでも引き受ける覚悟で仕事をする
  2. スキルや経験を積んで年収600万円を目指す
  3. 管理職やマネージャー職を目指して年収1,000万円を目指す
らんてくん
らんてくん
シンプルに見えるけど難しそうだな…!ほんとにこの流れの通りやれば年収が1,000万円に到達するのか?

大丈夫です!今回紹介する内容としては、誰もが明日から少しずつ意識すればできることが多いです。細かく解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

1.どんなことでも引き受ける覚悟で仕事をする

年収を上げられるエンジニアとして意識しておくべきことは、泥臭い仕事も含めて全部やるくらいの勢いを持つこと。

エンジニアとして「いかにプログラミングが書けるか」という技術量も大事ですが「この人に任せたい」と思われるようにあらゆる仕事を受け入れる姿勢も大事です。

弊社の社長も「技術力が全てだ!」という考えで仕事をしていた結果、最初の1−2年ほどは年収が上がらず悩んでいた時期がありました。しかし、考え方を一新して以下のことを意識してみたのです。

  • 頼まれた仕事は全てやる意識を持つ
  • メディアの企画・開発・運用までこなす

相手目線に立ちながらさまざまな仕事に積極的に携わっていく姿勢をまずは見せる。そうすることで、多くの人に信用してもらった結果、仕事のチャンスもいただけました。

もちろん高い技術力があるにこしたことありません。しかし、同じようにあらゆる仕事に積極的に関わるような仕事に対する泥臭さも大事です。

2.スキルや経験を積んで年収600万円を目指す

泥臭い仕事をやり切るといったマインドができれば、後はコツコツとエンジニアの経験を積んでいきましょう。一般的なエンジニアの年収は600万円ほどで頭打ちすると言われています。ですので、まずはそこまでを目標にするのがいいですね。

  • しっかりスキルアップする時間を作る
  • 上流工程に携わる経験を積む
  • コミュニケーション力を鍛える

上記の行動を意識すれば、エンジニアとしての市場価値を高められます。エンジニアとしてやるべきことはやりつつ、自己研鑽や上流工程での仕事のイメージも掴んでいきましょう。

そうすれば、後述する年収1,000万円を稼ぐためのスキルも磨かれます。日々の業務から少しずつでも意識しておくのがおすすめです。

3.管理職やマネージャー職を目指して年収1,000万円を目指す

年600万円以上から1,000万円まで到達するには、管理職などの役職に就く必要があります。

難易度は上がりますが、同時にエンジニアとしての市場価値も高まるため、積極的に狙っていくようにしましょう。役職とは具体的には以下のようなものです。

  • CTO(最高技術責任者)になる ※推定年収780~1,000万円
  • PM(プロジェクトマネージャー)になる ※推定年収660~2,000万円
  • ITコンサルタントへの転職 ※推定年収600万円〜

あくまでも会社によって違いますが、役職に就けばグンと年収を上げられる可能性は高いでしょう。

一般的な場合であれば、役職に就くのは40代くらいのイメージが多いですが、エンジニアのWeb界隈になると、20代後半から30代前半に役職につける可能性も高いです。

エンジニアは実力次第で年収を上げられる職業のため、年収1,000万円以上を目指すなら管理職やマネージャー職などを目指すために日々スキルアップは欠かさないようにしていきましょう。

4.副業を組み合わせて年収1000万円を目指す

管理職やマネージャーを経て年収1000万円とは別に、フリーランスエンジニアや副業を組み合わせることで年収1000万円を目指すことができます。

正社員としてだけで年収1000万円を超えるのは難しくても、休日を使った開発の副業やプログラミングスクールの講師業で年収1000万円を越すことは可能です。

Webエンジニアの副業の種類は以下のようなものがあります。

Webエンジニアの副業の種類
  1. 開発業務の案件に携わる
  2. プログラミング教育の講師
  3. 技術顧問として企業に参画

経験年数が上がれば上がるほど単価も上がっていきます。

経験年数と時給の目安を以下にまとめておきます。

経験年数による単価相場
  • 未経験:お金を稼ぐのは難しい
  • 経験1年目:時給2,000〜3,000円
  • 経験2〜4年目:時給3,000〜4,000円
  • 経験4〜5年:時給5,000円〜

労働集約的になり労働時間も増えてしまいますが、正社員として以外にも収入源を作ることができます。

ただし、副業の契約によってはブラック労働になってしまったり、トラブルになってしまうこともあります。

以下の記事でWebエンジニアが副業するときに案件の探し方や注意点を解説しています。

Web系フリーランスエンジニアや副業で年収1000万円達成も可能

正社員で年収1000万円を稼ぐのは大変ですが、フリーランスエンジニアを目指すこともできます。

 

Webエンジニアの副業
Webエンジニアが副業を始めるには?案件の探し方も徹底解説!Webエンジニアは副業の案件が多くあります。Webエンジニアにおすすめの副業の種類や案件の獲得方法について解説していきます。またWebエンジニアの副業には契約方法によって注意点があります。副業で軽いつもりで始めたものの、とんでもないブラック労働になってしまうこともあり得るのです。...

Webエンジニアが年収1,000万円を稼ぐために意識したい3つのこと

Webエンジニアが年収1,000万円を稼ぐために意識したいことは以下3つです。

  • 業界で人気な言語を習得する
  • 技術力だけでなく営業力も磨く
  • 実務経験を5年以上積みスキルアップする
らんてくん
らんてくん
技術力だけにこだわりすぎないのが大事なんだな!

年収を上げるためには、スキルを磨くと同時に業界の需要や営業力などのコミュニケーション力を磨くことも重要です。

詳しく解説していきますね。

業界で人気な言語を習得する

エンジニアの業界で人気な言語を把握してスキルアップするために学ぶのも1つの方法です。なぜなら、業界の需要が高まっている言語の年収や求人数は増加しているからです。

株式会社ビズリーチが運営する、求人検索エンジン「スタンバイ」によるプログラミング言語別年収ランキング2018では、稼ぎやすい言語は以下の通りだと発表されています。

1位:Go
2位:Scala
3位:Python

この上位3言語の年収の中央値は、おおよそ600万円ほど。1位のGoの最大提示年収は1,600万円で、2位のScalaでは1,300万円と年収を1,000万円超えているのは驚きますよね。

現在では、AIや機械学習などのIT人材が不足しているため、それらに対応する言語の需要は高まっています。

このように、業界の中で人気な言語を選択して知識を深めれば、あなたが理想としている年収に近づけられるでしょう。

技術力だけでなく営業力も磨く

見落としがちな視点ですが、Webエンジニアになった際はコミュニケーション力を身に着けるようにしましょう。

なぜなら、エンジニアの受託開発のような仕事であれば、クライアント様の横のつながりから新たな仕事を紹介してもらえる可能性もあるからです。

エンジニアの業界は狭いため、お仕事をするなかで「この人と仕事をするとやりやすいな」と感じてもらえれば、必然的に噂は広まっていきます。

実際に、常日頃からクライアント様に評価の高いエンジニアは、会社を辞めた後に「うちで働かないか」とオファーを受ける機会も少なくありません。

技術力を高めるのも大事ですが、それと同じようにコミュニケーション力も磨いていきましょう。

そうすれば、社内・社外に関係なく市場価値の高いエンジニアとして一目置かれるようになりますよ。

実務経験を5年以上積みスキルアップする

普通の会社員では昇給は年に5,000〜10,000円ほどと言われていますが、専門職であるエンジニアであれば年に100万円以上上げることも可能です。

専門職として実力さえ認められれば、一気に年収を上げられるのです。また、2年以上の実務経験を積めば、3年目から500〜700万円を約束されている会社もあるんですよ。

そのため、日々の業務からスキルアップを意識しながら、業界の最新の動向も掴みつつ毎日経験を積み重ねていく。

そのような意識を持ちながら5年の実務経験を積めば、年収も必然的に上がっていくでしょう。

  • マネジメント経験
  • リーダー経験

なども経験として積み重ねておくと、役職に就いた後にも活かせます。

Web系エンジニアで1,000万円を目指せる高待遇な会社4選

Web系エンジニアで年収が1,000万円を越える会社は少なくありません。今回は皆さんが知っている会社の中でも、年収が比較的高く1,000万円近くに届くような会社を紹介していきたいと思います。

結論から言うとこの4社はエンジニアに対しての待遇が高いです。

  1. ファーストリテイリング
  2. 星野リゾート
  3. カインズ
  4. 東急グループ

聞いたこともある会社が多いと思いますが、これらの会社はエンジニアに対してかなりいい条件を出しています。

エンジニアにとって高待遇な理由については以下の動画にて詳しく解説しております。ぜひ動画も併せてご覧ください!


それでは、1社ずつ応募条件や待遇について紹介していきますね。

1.ファーストリテイリング

ファーストリテイリングは皆さんがご存知の通りユニクロの会社です。エンジニアの応募条件としては以下の通りです。

応募条件
  • 推定年収:960万円〜
  • プログラミング経験5年以上(Java・Javascript・Go・Pythonなど)
  • システムの基本設計・詳細設計・テストの経験 5年以上
  • システムの運用経験 3年以上
  • コンピューターサイエンスの学位またはそれ同等の資格

プログラミングの経験が5年以上かつシステム運用経験が3年以上持った人材が応募条件になっています。また、コンピューターサイエンスの学位を取得した人のみが応募できると言う条件のため、年収960万円と高収入になっています。

2.星野リゾート

星野リゾートでは、以下のような条件の方を募集しています。

応募条件
  • 推定年収:500万円〜
  • JavaもしくはPythonによるシステム開発構築経験
  • SpringBootを使用した開発経験
  • SQLおよびO/Rマッピングフレームワークを使用した開発経験
  • AWSの各種サービスを利用したアプリケーションの開発経験

プログラミング経験5年かつシステム運用経験が3年ありコンピューターサイエンスの学位を取得している人と応募条件は限定されています。そのため、年収は500万円以上からと言った好条件です。また、社内で活用できるビジネススクール「麓村塾」などもあり、自発的に行動すれば、ビジネススキルをさらに飛躍できるでしょう。

3.カインズ

カインズでは以下の応募条件に当てはまるエンジニアを最大年収1,500万円の好条件で募集しています。

応募条件
  • 推定年収:400〜1,500万円
  • 5年以上のWEBアプリケーション開発経験
  • 3年以上のチームマネジメント経験
  • カインズ社長に根付く社内外への「Kindness:親切心」というカルチャーに共感し体現できる方

5年以上のウェブアプリケーション開発経験がある方や、3年以上のチームマネジメント経験者など募集要項のハードルは高めです。しかし年収は、400〜1,500万円とかなり高待遇なため、高収入を目指すエンジニアにとってはかなり嬉しい条件でしょう。

4.東急グループ

鉄道を中心とした交通事業を展開していく東急グループでは、以下のような条件のエンジニアを募集しています。

応募条件
  • 推定年収:500〜1,200万円
  • Webサービス/プロダクト開発のバックエンドに携わったことがある方
  • AWS・GCPなどのクラウド環境を利用した開発経験
  • 大規模サービスの負荷を考慮したバックエンドの設計開発運用スキルなど

Webサービスプロダクト開発のバックエンドに携わった人や、サービスプロダクトの設計開発経験がある人材を主に募集しています。

年収として500〜1200万円とかなりの高収入なので驚きますよね。福利厚生の待遇も良く東急グループが運営する「NewWork」でのシェアオフィス勤務が可能。1時間単位の休憩が可能だったり、場所を選ばずに働けたりとエンジニアにとって嬉しい労働環境です。

まとめ

今回の記事では、Webエンジニアが年収1,000万円を上げるための方法について解説しました。

今回の記事のまとめ
  • 年収1,000万円を稼ぐなら技術力だけでなく営業力も身に付ける
  • Webエンジニアで1,000万円を目指せる会社はある
  • エンジニアとしての市場価値を高める

会社員で年収1,000万円と聞くと驚きますが、専門職だからこそ実力主義で目指せると言うのは魅力的です。

また「年収を上げるにはSIerの上流でいいのでは?」という意見もありますが、個人的にはWeb系エンジニアの方が勢いがあるためおすすめです。

弊社では、開発現場が求めるエンジニアになるためのプログラミングスクール「RUNTEQ」を運営しております。この記事を読んで少しでもWebエンジニアに興味を持った方は、ぜひ無料のキャリア相談会へ足を運んでくださいね。