プログラミング言語

CSSを独学で習得するコツとは?本や学習サイトを使った勉強法を徹底解説!

CSSの勉強法

「CSSを独学で習得するにはどうしたらいい?」

「CSSの効率的な勉強法が知りたい!」

このように、プログラミング初心者でHTMLやCSSから勉強しようと考えている人も多いのではないでしょうか?

比較的難易度が低く独学でも十分に学べる言語ですが、ポイントを抑えて勉強しないと挫折してしまう可能性があるので以下の内容をチェックしておきましょう。

  • CSSとは
  • CSSの勉強法
  • CSSを勉強する上でのポイント

Webエンジニア向けにプログラミングスクールを運営する弊社が、CSSの勉強法について解説しますので、ぜひ参考にしてみてください。

CSSとは?

パソコン

ここでは以下の内容について解説していきます。

  • CSSとは
  • CSSでできること
  • 最短で習得するのにかかる時間
  • CSSが活かせる職種

CSSとは

CSSとは、Webサイト制作に使われるスタイルシート言語の一つです。

よくHTMLとセットで紹介されるため聞いたことがある人も多いと思いますが、それぞれの違いは以下の通りになります。

HTMLとCSSの違い
  • HTMLはタイトルや見出しなどを記述しWebページを構成する役割
  • CSSは文字色やボタンなどを装飾をする役割

全く同じ文字や文章でもデザインが異なれば、見栄えや使い勝手が大きく変わります。

HTMLだけでは簡素なWebページにしかならないため、CSSを用いて文字や背景の色を変えたり、ボタンの形やクリック時の反応などをデザインし、見やすく使いやすいサイトを作ります。

らんてくん
らんてくん
CSSでそんなに変わるんだね!

CSSはWebページをデザインすることでユーザビリティを上げる重要な役割を担いますが、デザインにこだわりすぎたり細部まで整えようとすると労力がかかりすぎるのが懸念点です。

そこで開発されたのがフレームワークの一つである「Bootstrap」です。

ボタンやメニューなど、すでに完成されたデザインを用いることで、より効率的にCSS構築が行えます。

らんてくん
らんてくん
Bootstrapも勉強した方がいいの?

エンジニア志望の方はがっつりCSSを学習する必要はないため、軽く触れておくくらいで良いでしょう。

CSSでできること

CSSでできることは以下の通りです。

CSSでできること
  • 文字の装飾
  • 背景の装飾
  • ボタンの装飾
  • アニメーションをつける

HTMLでコンテンツの記述〜デザインまで行っていた時期もありましたが、現在では装飾系はCSSで行えるようになりました。

そのため、HTMLはよりシンプルに整えられるようになっており、編集のしやすさにも寄与しています。

らんてくん
らんてくん
CSSの仕事は装飾なんだね!

基本的な役割は、上記の通り文字や背景の装飾なので、美しく・見やすく・使いやすいWebページ作成が可能になります。

ボタンが小さいか大きいか、使いやすい配置になっているか、カーソルを寄せると反応するかなど細かい部分がユーザビリティにつながるためWeb制作において重要な役割を担います。

最短で習得するのにかかる時間

らんてくん
らんてくん
初心者がCSSを独学するとなるとどのくらいかかるんだろう?

習得難易度は比較的低く、一般的には2週間〜1ヶ月で実装可能レベルと言われています。

HTMLとともに記述することが多いためHTMLの学習も必要ですが、初心者の人でも独学で扱えるようになることが可能です。

IT系の知識があれば2週間ほどで実装可能なレベルですが、全くの初心者の場合は1ヶ月ほどかかるでしょう。

まずはHTMLから学習し、コンテンツの記述が可能なレベルになったらCSSを学ぶのがおすすめです。

CSSが活かせる職種

CSSが活かせる職種は以下の通りです。

CSSが活かせる職種
  • コーダー(マークアップエンジニア)
  • Webデザイナー
  • (フロントエンドエンジニア)

CSSは、おもにサイトの見た目の装飾に使われます。

コーダー(マークアップエンジニア)は特にCSSをよく扱います。Webデザイナーが作成したデザインをサイトに再現する仕事です。

CSSを扱うことが最も多い仕事と言えるでしょう。

学習サイトを利用したおすすめ勉強法

パソコンを打つ様子

学習サイトを利用したおすすめの勉強法は以下の通りです。

おすすめの勉強法
  • Progate
  • Udemy
  • サイトの模写
  • 自分でサイトを作る

基礎から順番に学習することがコツであるため、初心者の人はぜひ参考にしてみてください。

Progate

Progateは、ブラウザ上でプログラミング言語の基礎が学べる学習サイトで、実際にコードを書いて動作確認できる点が特徴です。

初級編〜上級編までレベルに合わせたレッスンがありますが、CSSに関しては全部で7つのレッスンを通して学習が進められます。

Progateを利用するメリットは以下の通りです。

Progateを利用するメリット
  • テキストエディタのインストールや初期設定をせずに始められる
  • CSSを基礎から学べる
  • コードの動作確認ができる
  • ミスに対するフィードバックがもらえる
  • 中級編〜上級編まで学べる
  • レッスンの振り返りが行える

複雑な準備がいらず、初心者の人でもすぐに学習が進められるため手間がかからないのがポイントです。

らんてくん
らんてくん
すぐ始められるのは嬉しいね!

進捗状況に応じた振り返りやサポートがあるため、つまづいても一人で進められるようにできています。

はじめに参考書などで知識の勉強をすると、難しく感じ挫折してしまう可能性が高くなるので、まずは手を動かして感覚をつかんでいきましょう。

Udemy

Udemyは、プログラミング言語の学習動画を提供している動画学習サービスです。

書籍でもブラウザやテキストエディタの使い方を学ぶことができますが、Udemyの場合、実際にWebサイトを作る様子を動画で見られるため、より分かりやすく体系的に学ぶことが可能です。

らんてくん
らんてくん
制作過程が見れるのは大きいね!

Udemyを利用するメリットは以下の通りです。

Udemyを利用するメリット
  • 動画で学習できる
  • プロのWebデザイナーが使い方を教えてくれる
  • Webサイト作成の流れが把握できる
  • Webデザインの基本を学べる

ProgateでもCSSの使い方を学ぶことができますが、UdemyではWebデザインの基本やマーケティングなど、より実践的な内容まで学べます。

中には1万円〜2万円の有料コンテンツもあるので期間限定のセールを利用するのがおすすめです。

参考サイトを模写する

ProgateやUdemyでCSSの基礎が把握できたら、実際にサイトを模写してみましょう。

ここでのポイントは、難しいサイトは選ばずデザインがシンプルなものを選ぶことです。

模写は一からすべて自分でコーディングを行うので、思うように反映されなかったりと挫折ポイントが多くなります。

おしゃれなデザインにしたくても挫折してしまっては意味がないため、まずは成功体験を積むためにも自分でも作れそうなサイトを選ぶようにしましょう。

らんてくん
らんてくん
まずは簡単そうなサイトからやってみる!

また、分からないことがでた場合に備えて書籍や問題解決に使えるサイトを準備しておくことも重要です。

以下におすすめのサイトをご紹介しますので参考にしてみてください。

自分でサイトを作る

参考サイトの模写ができるようになったら、最後に自分のオリジナルサイトを作ってみましょう。

模写との大きな違いは、一からコンテンツ内容とデザインを考える点です。

らんてくん
らんてくん
どちらを重視すべきかな?

ここで重視するポイントは内容よりデザインになるので、見やすさや使いやすさを意識して作ると良いでしょう。

参考サイトを見ながらでも大丈夫なので、ポートフォリオだと思って作ってみるのがおすすめです。

一からすべて作ることができればWeb制作に必要なHTMLとCSSの知識は身についたと言えるでしょう。

CSSの勉強におすすめな本

読書する人

初心者におすすめな本は以下の通りです。

CSSの勉強におすすめな本
  • スラスラわかるHTML&CSSのきほん 第2版
  • いちばんやさしい HTML&CSS 入門教室
  • 1冊ですべて身につくHTML & CSSとWebデザイン入門講座
  • HTML&CSSとWebデザインが 1冊できちんと身につく本
  • これだけで基本がしっかり身につく HTML/CSS&Webデザイン1冊目の本

一から本で学ぶのは内容が定着しづらいためおすすめされませんが、学習中の問題解決には適しているためぜひ参考にしてみてください。

スラスラわかるHTML&CSSのきほん 第2版

スラスラわかるHTML&CSSのきほん

スラスラわかるHTML&CSSのきほん 第2版

こちらは、HTMLやCSSを学びWeb制作を行っていきたい人向けの本となります。

おすすめポイントは以下の通りです。

おすすめポイント
  • HTMLとCSSの基礎が学べる
  • 説明が分かりやすい
  • Webサイト制作が行える

入門書のなかには予備知識がないと理解しづらいものもありますが、本書は全くの初心者の人でもスラスラと読めてしまうほど分かりやすいのが特徴です。

これからWeb制作を行っていきたいという人は初期の段階に読むのがおすすめです。

いちばんやさしい HTML&CSS 入門教室

いちばんやさしい HTML&CSS 入門教室

いちばんやさしい HTML&CSS 入門教室

こちらもHTMLとCSSの入門書になります。

おすすめポイントは以下の通りです。

おすすめポイント
  • ステップを踏んでWebサイト制作を行う
  • PC〜モバイル対応まで行う
  • 図解が多く説明が分かりやすい

サイト制作の準備から公開までステップごとに学んでいけるため、学習の順序が分からない初心者の人におすすめです。

1冊ですべて身につくHTML & CSSとWebデザイン入門講座

1冊ですべて身につくHTML & CSSとWebデザイン入門講座

1冊ですべて身につくHTML & CSSとWebデザイン入門講座

こちらは、一冊でHTMLとCSS・デザインが学べる本です。

おすすめポイントは以下の通りです。

おすすめポイント
  • 数々の部門で1位を獲得しているほど人気がある
  • 知識ゼロからHTMLとCSSの知識が体系的に学べる
  • 最新技術に対応したコーディングやデザインが学べる

HTMLとCSSの基礎が学べる本書ですが、基礎知識の説明が少ない部分があるので少し勉強してから読むのが良いでしょう。

HTML&CSSとWebデザインが 1冊できちんと身につく本

HTML&CSSとWebデザインが 1冊できちんと身につく本

HTML&CSSとWebデザインが 1冊できちんと身につく本

こちらも、HTMLとCSSに加えデザインの基礎まで身につく本です。

おすすめポイントは以下の通りです。

おすすめポイント
  • Webデザインの新技術や現場で使われる手法を学べる
  • 4つのレイアウトパターンが学べる
  • レスポンシブデザインが可能

超初心者ではないが未経験でWebデザイナーを目指している方やこれからWeb制作を行う方を対象としているため、基礎知識を身につけてから読むのがおすすめです。

これだけで基本がしっかり身につく HTML/CSS&Webデザイン1冊目の本

これだけで基本がしっかり身につく HTML/CSS&Webデザイン1冊目の本

これだけで基本がしっかり身につく HTML/CSS&Webデザイン1冊目の本

こちらも、実際に手を動かしながらHTMLとCSS・デザインの基本を学べる本です。

おすすめポイントは以下の通りです。

おすすめポイント
  • 図解やイラストで分かりやすく説明しているため全くの初心者でも理解できる
  • Webサイトの公開方法やおすすめサイト集など4大特典付き
  • 自ら学習を進められるよう学び方のポイントやコツまで解説

入門書系の本は予備知識の有無が理解度を左右することが多いですが、本書はより初学者に寄り添った説明がされているためスラスラ進められるのが特徴です。

内容が理解できるか不安な人は最初に読んで見るのが良いでしょう。

CSSの勉強におすすめなアプリ

スマホアプリ

CSSが学べるおすすめアプリは以下の通りです。

CSSの勉強におすすめなアプリ
  • アプリ版Progate
  • ShareWis
  • Programming Hub
らんてくん
らんてくん
学習サイトに加えてアプリも使うメリットってあるかな?

学習サイトや本よりも手軽に学習できるのがアプリを利用するメリットと言えます。

「どんなスキマ時間も学習に使いたい」という人はアプリの利用も検討してみてください。

アプリ版Progate

Progateのアイコン

アプリ版Progate

ProgateはWeb版が主流となっていますが、アプリでも利用することができます。

Web版との大きな違いは以下の通りです。

Web版との違い
  • コース数
  • 道場コースの有無
  • コードの書き方

Web版では15個のコースがありますが、アプリ版では8つになり道場コースもなくなるのが特徴です。

上級者編もアプリ版にはないため、本格的に学んでいきたい人はWeb版を選ぶのが良いでしょう。

ただし、コードの書き方に関して言うと、アプリ版では選択方式のため自分で書く必要がないのがポイントです。

ゲーム感覚で選んで合っていれば正解となるので、手軽にコーディングが行えます。

らんてくん
らんてくん
内容が頭に入っているか確認するのにもいいかもね!

パソコンを開く時間はないけど隙間時間で勉強したい人はアプリ版も活用すると良いでしょう。

ShareWis

ShareWisのアイコン

ShareWis

ShareWisは無料〜有料で学べる社会人向けのオンライン学習プラットフォームです。

プログラミングに限らず、ビジネススキルや英語など様々な学習が可能となっています。

らんてくん
らんてくん
いろんな言語の学習ができるみたいだね!

スナックコースでは90秒で学べるコンテンツが用意されており無料で見ることが可能です。

プロコース以降は有料となるので、自分に合ったコースで学習すると良いでしょう。

Programming Hub

Programming Hub

Programming Hub

Programming Hubは英語でプログラミングが学べるアプリです。

Googleの専門家と共同で作られたものでゲーム感覚で知識が身につけられます。

らんてくん
らんてくん
英語ってことは日本人向けじゃないんじゃ?…

高校レベルの英語力は必要ですが、20以上のプログラミング言語について学べるため日本人ユーザーが多いのも特徴です。

HTMLやCSSを始めとして様々な言語の学習もしたい人におすすめでしょう。

CSSを独学で習得する際のポイント

TO DOリスト

CSSを独学で習得する際のポイントは以下の通りです。

CSSを独学する際のポイント
  • 最初から完璧な理解を求めない
  • 自分に合った学習法を選ぶ
  • おすすめのエディタを使う
  • どこまで学習するか目標を決める

プログラミング学習は独学の9割が挫折するとも言われるため、上記4つのポイントを抑えることが重要です。

他言語と比べて習得難易度は低いですが、スムーズに学習を進めるためには重要な要素であるため初心者の人は覚えてきましょう。

最初から完璧な理解を求めない

独学する際は、最初から完璧を求めてはいけません。

ベテランのエンジニアでも細かいタグまで全て覚えているかと言われれば覚えていない人も多いです。

全て理解してから進むというより、常に手を動かして感覚をつかみながら進めるのがおすすめです。

らんてくん
らんてくん
実際にやってみれば必要な知識も分かってくるよね!

正しい知識を身に付けることは重要ですが、学習においては模写やサイト作成に時間を使う方が重要なため、完璧でなくてもどんどん次に進みましょう。

とはいえ、分からないところを放ったらかしにするのは良くないため、メモしておき後で書籍などで調べましょう。

自分に合った学習法を選ぶ

自分に合った学習方法を選ぶのもポイントです。

独学で挫折する人の多くは以下のような問題を抱えています。

  • 分からないところが分からない
  • 自分で問題が解決できない
  • 質問できる相手がいない

多くの場合、なぜエラーが起きているのか、なぜ反映されないのかなど問題がどこにあるのか一人で見つけることができません。

そのため、解決のしようがない状態に陥り学習がストップしてしまいます。

自分に合っていない学習方法である場合、スムーズに進められないだけでなく挫折するきっかけとなってしまうため、自分に合ったやり方を選ぶべきです。

らんてくん
らんてくん
たしかに、分からないことだらけで挫折する人は多そうだね…

独学に限界を感じた時はプログラミングスクールなどフィードバックがもらえる環境に身を置くことも検討しましょう。

おすすめエディタを使う

初心者の場合、使いやすいエディタを選ぶのもポイントです。

エディタとは?

エディタとは、データの作成や編集を行うためのソフトウェアです。

おすすめのエディタは以下の通りです。

おすすめエディタ
  • Atom
  • サクラディタ
  • Visual Studio Code

上記エディタを利用することでコードミスのチェックやサポート、タグの色分けなどを行えます。

らんてくん
らんてくん
エディタによっても違うんだね!

初めてコーディングを行う場合は、とくにミスのチェックに時間がかかるため挫折防止にも貢献します。

少しでも作業効率を上げて、早い習得を目指しましょう。

どこまで学習するか目標を決める

どこまで学習したら良いか悩まないためには目標を決めるのが重要です。

例えば、

  • 趣味レベル
  • 副業レベル
  • Webエンジニアに転職できるレベル

上記のように目指すレベルが異なる場合、勉強時間や扱うコンテンツの内容が変わってきます。

趣味レベルであれば習得まで1ヶ月もあれば十分でしょう。

しかし、Webエンジニアとして活動していきたい場合は実践的な練習を数多くこなす必要があったり、有料コンテンツの内容まで勉強する必要が出てきます。

自分が目指すレベルはどこか目標を明確にして取り組むと、より効率的な学習となるでしょう。

ステップアップしたい人

段差を登る人

HTMLやCSSの学習にとどまらずステップアップしていきたい人は以下のスキルを身につけると良いでしょう。

身につけるべきスキル
  • デザインスキル
  • JavaScript
  • PHP
  • Ruby・Ruby on Rails

本格的にWeb制作を行っていくとなるとHTML・CSSのみでは足りないため、上記スキルはほぼ必須となります。

目指す職種にもよりますが、身につけておいて損はないため余裕がある人は勉強してみると良いでしょう。

デザインスキルを身につける

Webデザイナーを目指したい人はデザインについて深く学ぶと良いでしょう。

らんてくん
らんてくん
デザインってなにをしたらいいんだろう!

具体的には、以下のようなソフトの使い方をマスターしましょう。

  • Photoshop
  • Illustrator

動画教材などで上記ツールの使い方を勉強しつつ、美しいデザインのサイト観察や模写を行います。

写真のレイアウトやボタンの配置など自分の引き出しが増やせるので、いろいろなサイトを見ることがおすすめです。

JavaScriptを勉強する

HTMLとCSSの勉強が進んだらJavaScriptの習得も目指しましょう。

JavaScriptでできることは以下の通りです。

JavaScriptでできること
  • ページにアニメーションやスライドショーがつけられる
  • アラート表示も可能
  • フレームワークを使ってWebアプリ開発が行える

HTMLとCSSではできなかった動きをつけられるため、作成できるWebサイトの幅が広がります。

らんてくん
らんてくん
HTMLとCSSを習得した流れで使えそうだよね!

VueやReactなどJavaScriptのフレームワークを用いることでWebアプリ開発も可能なため、エンジニアとしての市場価値も上がります。

Webエンジニアを目指す人はぜひJavaScriptも習得しましょう。

ワードプレスを勉強する

HTMLやCSSを学んだら、その後はワードプレスを扱えるようにしましょう!

Web制作案件の中で数が多いのがワードプレス案件です。

PHPでできること
  • お問合せフォームの実装
  • 予約システムの実装
  • 社内管理システムの構築
  • ECサイトやSNSサイト制作
  • ブログや掲示板の制作

企業によってはワードプレスを利用してWebサイト制作を行っているところもあるため、積極的に学習を進めると良いでしょう。

ワードプレスはPHPで構築されています。PHPについて詳しく知りたい人はこちらにまとめてありますので参考にしてみてください。

Ruby ・Ruby on Railsを学ぶ

RubyやRuby on Railsを学び、バックエンドエンジニアを目指すのも良いでしょう。

Web制作ではなくWeb開発系の仕事を目指すのもおすすめです。

Web制作系の仕事と比較して、Web開発系の仕事の単価は高いです。

バックエンドエンジニアの役割は以下の通りです。

バックエンドエンジニアの役割
  • ハードウェアの選定
  • データベースやシステムの構築
  • サービスの運用・保守

未経験からWebエンジニアを目指すなら、職域がはっきりしているバックエンドエンジニアを目指すのがおすすめです。

PHPもよく使われますが、ベンチャー系やスタートアップ系ではRubyが使われることが多いためRuby on Railsと合わせて学ぶと良いでしょう。

Rubyについて知りたい人はこちらを参考にしてみてください。

まとめ

以上、CSSの勉強法について解説しました。

今回の記事のまとめ
  • CSSは画像やボタンなどの装飾に使う言語でHTMLとセットで扱われる
  • 難易度は低く独学でも1ヶ月ほどで習得可能だが、学習サイトや書籍など自分に合った勉強法を選ぶのが重要である
  • ステップアップしたい人はJavaScriptやPHPといった他言語やデザインについて学ぶのがおすすめ

WebエンジニアやWebデザイナーを目指す人は、まずはHTMLとCSSを習得しましょう。

独学でも習得可能ですが、実務レベルとなるとより実践的な勉強が必要です。

CSSに限らず、PHPやJavaScriptなど他言語についても学びたい人はこちらも参考にしてみてください。

弊社では、開発現場が求めるエンジニアになるためのプログラミングスクール「RUNTEQ」を運営しております。この記事を読んで少しでもWebエンジニアに興味を持った方は、ぜひ無料のキャリア相談会へ足を運んでくださいね。

この記事を読んだ方にオススメ