プログラミングスクール

Ruby on Railsを学習できるおすすめのプログラミングスクール5選!

「Ruby on Railsが学べるおすすめのプログラミングスクールが知りたい!」
「スクールを選ぶときのポイントや、スクールで学ぶメリットが知りたい!」

Ruby on Railsが学べるプログラミングスクールはいくつもありますが、それぞれ特徴や特色が異なるため選ぶ際に迷ってしまいますよね。

弊社は開発会社兼Web系エンジニア向けのプログラミングスクールを運営しており内部事情に詳しいため、選ぶ際のポイントやスクールで学ぶメリットなどを含めて解説していきたいと思います。

今回、解説する内容は以下の通りです。

  • Ruby on Railsとは
  • Ruby on Railsを学ぶためのスクール選びのポイント
  • プログラミングスクールを利用するメリット
  • Ruby on Railsが学べるおすすめプログラミングスクール

プログラミングスクールは学習面や転職活動の面で熟練の講師からサポートを受けられるため、一人で取り組むより効率がよくなります。

とはいえ、スクールごとにサポートの度合いが異なるので、学習環境やカリキュラムにこだわることが重要です。

数多くのWeb系エンジニアを輩出してきた弊社がプログラミングスクールについて解説しますので、ぜひ参考にしてみてください。

Ruby on Rails とは

ruby

Ruby on Railsとは、Rubyを使用して開発を行うためのフレームワークであり、エンジニア間では「Rails」と呼ばれることが多いです。

Ruby on Railsの特徴を簡単にまとめると以下のようになります。

Ruby on Railsの特徴
  • シンプルな構造で学習しやすい
  • 汎用性が高い
  • 簡単なことが簡単にできる

扱いやすい上に汎用性の高いRuby on Railsは、WebサイトやWebアプリケーションを初めとして多くのサービス開発に用いられます。

具体的には、以下のようなサービス開発が可能です。

  • Webサイト
  • ECサイト
  • Webアプリケーション
  • API
  • クローリング・スクレイピング
クローリング・スクレイピングとは?

クローリング・スクレイピングとは、Web上のデータを収集する技術です。

多くのサービス開発に使われるRuby on Railsを学習しておいて損はないため、自分に合った方法で習得するのがおすすめです。

Ruby on Railsを学ぶためのスクール選びのポイント

プログラミングスクール
らんてくん
らんてくん

なにを見てスクールを選んだらいいかな?

Ruby on Railsを学ぶためのスクール選びのポイントは以下の6つです。

スクール選びのポイント
  1. カリキュラムの充実度
  2. フリーランスコースがない
  3. ポートフォリオ作成支援がある
  4. オンライン学習が可能
  5. 講師の質
  6. 受講生の口コミや評判

「色々なスクールを見たけど結局どこが良いか分からない」という人は、上記6つのポイントを押さえれば自分に合ったスクールが見つかるでしょう。

カリキュラムの充実度

カリキュラムの充実度は絶対に確認しておきたい項目の一つです。

Ruby on Railsを学べるスクールは多いですが、どこからどこまで学べるのかなどカリキュラムの内容はさまざまです。

例えば、全くの初心者の場合、HTMLやCSSなどWebの基礎知識から学ぶ必要があります。

もし、事前にある程度プログラミングの知識が必要なスクールであった場合、初心者の方ではついていけないためカリキュラム内容が合ってないことになります。

また、Webエンジニアへの転職はハードルが高いため、短期間での学習では難しいケースが多いです。

そのため、短期間で完結するカリキュラムしか用意していない、または自分のレベルに合ったカリキュラムがないスクールは避けるべきと言えます。

フリーランスコースがない

フリーランスコースがないかどうかも見極めるポイントの一つです。

Ruby on RailsはWeb開発用のフレームワークですが、フリーランスになるためにはWeb開発には豊富な現場での実務経験が必要とされます。(Web制作の場合最初からフリーランスになれる可能性はあります。)

そのため、業務未経験者向けにフリーランスコースがあるというのは矛盾しており、Railsを学ぶスクールとしては避けたほうが良いと言えます。

短期集中コースやWebアプリ開発コースなどさまざまなコースがあるかと思いますが、フリーランスコースがないかどうかもチェックしましょう。

ポートフォリオ作成支援がある

ポートフォリオ作成支援があるかどうかも重要です。

これはRuby on Railsに限った話ではないですが、Webエンジニアへ転職する際に最も重要となるのがポートフォリオです。

ポートフォリオが充実していないとWebエンジニアへの転職は難しいと言っても過言ではありません。

そのため、ポートフォリオ作成支援のあるスクールを選ぶのがおすすめです。

その他に、面接対策や応募書類の添削などスクールによってサポート内容がさまざまですのでぞれぞれ確認しておきましょう。

オンライン学習が可能

プログラミング学習には膨大な時間を要するため、オンライン学習が可能かどうかもチェックしましょう。

Rubyは比較的分かりやすい言語ですが、Webエンジニアとして働けるようになるにはおよそ1,000時間の勉強が必要です。

例えば、1日3時間毎日勉強したとして1ヶ月で約90時間、約1年で1,000時間となります。

通学する形のスクールの場合は移動に時間もかかるため、すぐに勉強できる環境に身を置けるとは限りません。

学習時間を確保するのが難しい人ほど時間を有効活用する必要があるため、オンライン学習が可能なスクールを選ぶべきです。

講師の質

カリキュラムが充実していても教える側の信頼性が低ければ全体の質が下がるため、講師の質も重要になります。

なかには、学生や素人などの未経験エンジニアが講師を務めているところもあるため、必ずしも経験者が教えてくれるとは限りません。

現役エンジニアが講師であるメリットとしては、以下の3つが挙げられるでしょう。

  • 疑問点や不明点などの問題解決が的確
  • 実践的なアドバイスが受けられる
  • 効率の悪い学習をしている時に軌道修正してもらえる

Webエンジニアに転職するならば、現場経験者である現役エンジニアが講師であるスクールを選ぶほうが良いでしょう。

受講生の口コミや評判

ここまでスクールの内容や環境について解説してきましたが、実際のところどうなのかを知るためには受講生の口コミや評判をチェックするのが一番早いと言えます。

ホームページや広告に書かれている文言は、正直そこまで本当でなくても記載可能です。

例えば、転職成功率◯%のように記載されていることがありますが、カリキュラムを最後まで終えた人だけで計算していたりなど、数字だけがすべてとは限りません。

しかし、口コミや評判というのは実際に受講した人が本当に感じている意見であるため、信ぴょう性が高いものと言えます。

実際にTwitterで「RUNTEQ」と検索すると以下のようなTweetが散見されます。

このような受講生の声を聞くことで、より親近感がわきスクールに対する安心感が得られると思いますので、気になったスクールを一度検索してみるのがおすすめです。

Ruby on Railsが学べるおすすめプログラミングスクール5選

学校

前述した「選ぶ際の6つのポイント」を押さえて、Ruby on Railsが学べるプログラミングスクールについておすすめ5選をまとめました。

Ruby on Railsが学べるおすすめプログラミングスクール
  1. RUNTEQ
  2. CodeCamp
  3. TechAcademy
  4. DMM WEBCAMP
  5. 侍エンジニア

それぞれ解説していきますので、自分に合ったスクールを見つけてみてください。

RUNTEQ

RUNTEQ

まずは弊社RUNTEQですが、特徴は以下の通りとなります。

RUNTEQの特徴
  • 受講期間:9ヶ月
  • 料金:437,800円
  • 受講形式:オンライン可能
  • 転職支援:あり
  • 質問対応:平日11〜22時,土日10時〜18時)水,祝休み
  • 講師:現役エンジニア
  • 無料カウンセリング:実施
  • 入会金:0円

他のプログラミングスクールと比較してもダントツの学習量で、システム開発に関する基礎知識からRuby on Railsの高いスキルまで身につけられます。

また、現役エンジニアに無制限で質問が可能です。

らんてくん
らんてくん
学習時間はこれほど必要なの?

現状はWeb系エンジニアを目指す人が非常に増えてきています。未経験者でも、現場で自走できるレベルのスキルが求められます。

最低でも1000時間ほどの学習は求められる時代になってきました

そのため、企業から必要とされるWebエンジニアになりたい人に向いています。

Web系エンジニア転職に必要なポートフォリオ作成支援をアイディア出しから実装までサポートしています。プログラミング初心者だけでなく転職活動に不安がある方にもおすすめです。

Web系エンジニアとして転職を成功させたい人はぜひ検討してみてください。

CodeCamp

codecamp

続いてはCodeCampですが、特徴は以下の通りとなります。

CodeCampの特徴
  • 受講期間:2ヶ月
  • 料金:198,000円
  • 受講形式:オンライン教材・チャットサポート・ビデオ通話
  • 転職支援:あり
  • 質問対応:7:00〜23:40
  • 講師:現役エンジニア
  • 無料カウンセリング:実施
  • 入会金:33,000円

CodeCampは、プロの講師とマンツーマンで進める形のプログラミングスクールです。

7:00〜23:40までと対応時間が長いため、自分の都合の良い時間で取り組めます。

また、レッスンごとにメンターを指名して予約する形であるため、当たり外れがあるスクールと比べると講師の心配がいらない点が大きなメリットと言えます。

TechAcademy

techacademy

続いてはTechAcademyですが、特徴は以下の通りとなります。

TechAcademyの特徴
  • 受講期間:10週間
  • 料金:657,800円
  • 受講形式:オンライン教材・チャットサポート・ビデオ通話
  • 転職支援:あり
  • 質問対応:15:00〜23:00
  • 講師:現役エンジニア
  • 無料カウンセリング:実施
  • 入会金:なし

TechAcademyは、週2回専属のメンターにアドバイスをもらいながら進める形で最終的にポートフォリオとなるWebサービスを制作します。

自分自身でカリキュラムを進める形となるため自主性が求められますが、メンターによるサポートがあるため挫折する心配はないでしょう。

DMM WEBCAMP

DMMWEBCAMP

続いてはDMM WEBCAMPですが、特徴は以下の通りとなります。

DMM WEBCAMPの特徴
  • 受講期間:3ヶ月
  • 料金:690,800円
  • 受講形式:オンライン可能
  • 転職支援:あり
  • 質問対応:13:00〜22:00
  • 講師:現役エンジニア
  • 無料カウンセリング:実施
  • 入会金:なし

DMM WEBCAMPは、教室使い放題&質問し放題のプログラミングスクールです。

オフラインで教室に通いたい方にはおすすめのスクールです。

メンターにいつでも質問できる環境は素晴らしいため、自走力があり積極的に通える人は検討しても良いでしょう。

侍エンジニア

 

侍エンジニア続いては侍エンジニアですが、特徴は以下の通りとなります。

侍エンジニアの特徴
  • 受講期間:4週間〜
  • 料金:165,000円
  • 受講形式:オンライン可能
  • 転職支援:あり
  • 質問対応:8:00〜22:00
  • 講師:現役エンジニア
  • 無料カウンセリング:実施
  • 入会金:99,000円

侍エンジニアは、自分に合ったオリジナルカリキュラムをもとに、講師とマンツーマンで進めるプログラミングスクールです。

現役エンジニアの講師とアプリを開発しながら進めるため実践力が身につけられる点がメリットです。

レッスン外での質問も受け付けているため、自分で進めるのに不安な方は検討しても良いでしょう。

プログラミングスクールでRuby on Rails を学習するメリット

サポート

「Ruby on Railsを学べるプログラミングスクールについて把握できたけど、スクールに通うべきか、独学でいくべきか、まだ迷っている」

このような方のためにプログラミングスクールでRuby on Railsを学ぶメリットについてまとめました。

プログラミングスクールでRuby on Railsを学ぶメリット
  • 効率的にスキルを習得できる
  • 挫折しづらい
  • ポートフォリオ作成をサポートしてもらえる
  • 転職を支援してもらえる

上記4つのメリットに魅力を感じない人は、無理にプログラミングスクールを利用せずに独学で学習を進めるのもよいでしょう。

逆に、学習方法や転職活動に不安があるという人は、ぜひ今一度メリットを確認してみてください。

効率的にスキルを習得できる

独学に比べプログラミングスクールの方が学習効率が高いのがメリットです。

特に未経験者の場合は、なにから取り組めば良いのか分からない方も多いでしょう。

しかし、プログラミングスクールであればカリキュラムが用意されているため、独学より効率的な学習が可能となります。

スクールによっては個人専用のカリキュラムやマンツーマンでの指導が受けられるので、学習を進める上で悩みや迷いを少なくしたいという方は利用するのがおすすめです。

挫折しづらい

プログラミングスクールの場合は現役エンジニアの講師と一緒に学習を進められるため、挫折しづらい点もメリットです。

プログラミング学習の挫折率は約90%と言われるため、独学で最後までやりきるのは困難と言えます。

その点、プログラミングスクールであればコミュニティで仲間たちと支え合ったり、講師の方からアドバイスやフィードバックがもらえるのでモチベーションを保ちやすくなります。

「独学でダメだったからスクールを利用することにした」

このような人が多いですが、一人で取り組むのが得意な方はそれでも「独学でも大丈夫かも」と思うかもしれません。

Webエンジニアのスタートラインに立つまで1,000時間の勉強が必要ですので、遠回りしない方法を検討しましょう。

失敗しやすい理由と対策方法について知りたい方はこちらを参考にしてみてください。

プログラミング独学の挫折率は9割!失敗しやすい理由と対策方法プログラミングはプログラミングは独学だと非常に挫折しやすいです。なぜ挫折しやすいのかの6つの原因と、その対策を4つご紹介します。ぜひ参考にしてみてください!...

ポートフォリオ作成をサポートしてもらえる

転職時にはポートフォリオが重要となるため、サポート体制が充実している点は大きなメリットと言えます。

Webエンジニアとして転職するには、ポートフォリオが評価対象の一つです。

多くのプログラミングスクールでポートフォリオ作成のサポートが行われていますが、採用担当に評価されやすいポートフォリオになるようにサポートしてくれることが多いです。

勉強するだけなら独学でも不可能ではないですが、ポートフォリオとなると一つの作品を作るということになるので、一人の力ではハードルが高いものと言えます。

弊社RUNTEQでは、ポートフォリオのアイディア出しの段階からサポートしているため、全く何をしたら良いか分からない人でも問題ありません。

ポートフォリオについて詳しく知りたい人は、下記にまとめてありますので参考にしてみてください。

Webエンジニアに就職するのに必要なポートフォリオの作り方
未経験Webエンジニア向けポートフォリオの作り方【転職で役立つ】未経験者からWebエンジニア転職を目指す方向けのポートフォリオの作り方を、実際のRUNTEQ受講生の例を交えてご紹介。ポートフォリオが転職活動に必要な理由・作成のメリット・デメリットなどの基礎的な知識から、READMEや画面遷移図などの具体的な開発の手順、就職活動で使える数字を意識した実績の作り方などの実践的な内容まで、プログラミングスクール運営で培ったノウハウをすべてお届けします。情報は随時更新中です。...

転職を支援してもらえる

ポートフォリオだけでなく、あらゆる面で転職の支援が受けられる点もメリットです。

転職活動となると、面接対策や履歴書など準備するものが多くあります。

Webエンジニアに転職するにあたり、現役エンジニアからサポートが受けられるのはプログラミングスクールならではと言えるでしょう。

  • 履歴書の志望動機の書き方指導
  • 模擬面接による練習

履歴書の書き方や面接に自信がない方は、プログラミングスクールを最大限に活用していただけるでしょう。

まとめ

今回の記事では、Ruby on Railsを学習できるプログラミングスクールについて解説しました。

今回の記事のまとめ
  • スクールを選ぶ際は、カリキュラムの充実度やコース、学習環境や講師の質、評判をチェックすることが重要
  • なかでもRUNTEQ・CodeCamp・TechAcademy・DMM WEBCAMP・侍エンジニアがおすすめ
  • スクールは、学習効率を上げられる点や転職活動をサポートしてもらえる点が大きなメリットである

Ruby on Railsを学べるプログラミングスクールは多くありますが、学習期間や費用などはスクールによってさまざまです。

自分のレベルやおかれている環境に合ったスクールを選ぶことでスムーズな学習が可能となりますので、ポイントを押さえてみてください。

弊社では、開発現場が求めるエンジニアになるためのプログラミングスクール「RUNTEQ」を運営しております。この記事を読んで少しでもWebエンジニアに興味を持った方は、ぜひ無料のキャリア相談会へ足を運んでくださいね。