Webエンジニア

フロントエンドエンジニアとWebデザイナーの違いとは?将来性やキャリアの観点でどっちを選ぶ?

フロントエンドエンジニアとWebデザイナーの違い

「フロントエンドエンジニアとWebデザイナーって何が違うんだろう?」
「エンジニアかデザイナーか目指す方向性をハッキリさせたい」

このような悩みをお持ちではないでしょうか?

実際に、フロントエンドエンジニアとWebデザイナーの仕事の違いって分かりづらいですし、具体的な違いを知っておきたいと感じますよね。

そこで今回は、下記の内容を解説していきます。

  • フロントエンドエンジニアとWebデザイナーの仕事内容の違いは?
  • フロントエンドエンジニアとWebデザイナーに必須なスキルの違い
  • フロントエンドエンジニアとWebデザイナーはどっちがおすすめ?

今回の記事では、Web系の開発会社を運営しつつもWeb系エンジニアへの転職を目指す人に向けてのプログラミングスクール「RUNTEQ」を運営している弊社が、フロントエンドエンジニアとWebデザイナーの違いについて、徹底的に解説していきます。

この記事を最後まで読めば、フロントエンドエンジニアとWebデザイナーの違いについて知ることができて、自分が将来的に目指すべき姿が明確になりますよ。

ぜひ、最後まで読んでくださいね!

フロントエンドエンジニアとWebデザイナーの仕事内容の違いは?

フロントエンドエンジニアとWebデザイナーの仕事の違いについて分かりづらいイメージを持っている方は多いでしょう。それもそのはず、どちらもブラウザの画面設計に関する仕事だからです。具体的な違いとしては以下の通りです。

Webデザイナー:アプリの見た目のデザインを担当する
フロントエンドエンジニア:ユーザー体験のシステムを設計・構築する

Webデザイナーは、画面のレイアウトやボタンなど表側の見た目に関わるデザインを担当します。

一方フロントエンドエンジニアはユーザーのWebアプリを操作する部分を設計・構築・カスタマイズを担当します。

皆さんが普段から利用しているTwitterやInstagramなどのアプリがわかりやすいでしょう。それらのアプリを利用する時に「いいね!」やページの更新をしても、画面を切り替えずに自動的にデータを読み込んでくれますよね。

このように表面的なデザインではなく、ユーザーが快適にアプリを使えるような仕組みづくりをするのがフロントエンドエンジニアの仕事になっています。

ユーザー目線で見るとどちらも似ていますが、実際は内容が大きく異なることがわかりますよね。

また、どちらも部分的に協力しながら開発する仕事ですが、両方の経験がある場合は、1人で全てを担当できるケースもあります。

フロントエンドエンジニアとWebデザイナーになるための方法や資格について

らんてくん
らんてくん
フロントエンドエンジニアやWebデザイナーになるために取っておいた方がいい資格とかってあるのか?

フロントエンドエンジニアやWebデザイナーとしてのスキルを証明する資格はいくつかあります。また「ポートフォリオ」を用意しておくことも大切です。

  • フロントエンドエンジニアになるなら取っておきたい資格
  • Webデザイナーになるなら取っておきたい資格

1つずつ解説していきますね。

フロントエンドエンジニアになるなら取っておきたい資格

フロントエンジニアになる際に役立つ資格として、取得しておくと今後のキャリアで役に立つ可能性があるものは以下の通りです。

  • HTML5プロフェッショナル認定試験
  • Webクリエイター能力認定試験
  • CIW JavaScript Specialist
  • Ruby技術者認定試験
  • PMP

HTML5やCSS3などのマークアップ言語に関する技術や知識を認定する資格である「HTML5プロフェッショナル認定試験」を取得すれば、就職先からある一定の評価を得られます。

また、応用的ですが「Ruby技術者認定試験」に合格していれば、フロントエンドやサーバーサイトを使いこなせるフルスタックエンジニアとして評価されるなどのメリットがありますよ。

実務経験を積んでから「これができます!」と主張することはもちろん大事です。しかし、未経験であれば上記の資格を取得することで、差別化できるメリットもあります。

Webデザイナーになるなら取っておきたい資格

Webデザイナーを目指すなら、デザイン系の資格取得がメインになるでしょう。資格を取得してアピールする意味もありますが、それ以外に勉強しながらWebデザインに関する知識が深まり、Webデザイナーとして働くイメージが付きやすいメリットもありますよ。

具体的には、以下の資格を取ることをおすすめします。

  • ウェブデザイン技能検定
  • カラーコーディネーター
  • Photoshop®クリエイター能力認定試験
  • Illustrator®クリエイター能力認定試験
  • HTML5プロフェッショナル認定資格

ウェブデザイン技能検定は、Web業界の中では唯一の国家資格です。

Webデザインに関する知識や実務能力をアピールできますよ。また、サイトデザインに携わる仕事のため、UI/UXの知識も深めておくと、実務に活かしやすいと思います。

フロントエンドエンジニアとWebデザイナーに必須なスキルの違い

らんてくん
らんてくん
フロントエンドエンジニアとWebデザイナーのスキルの違いと聞くと、エンジニアの方が難易度が高い気がするな…!

エンジニアはプログラミングメインなので比較的難しくなることは間違いではないでしょう。この章では以下について解説していきますね。

  • フロントエンドエンジニアに必要なスキル
  • Webデザイナーに必要なスキル

フロントエンドエンジニアに必要なスキル

  • コーディングスキル
  • JavaScript
  • Typescript
  • Vue.js
  • React.js
  • UI/UX設計の知識
  • バックエンドの知識
  • CMS構築

フロントエンドエンジニアは、Webサイトやアプリの表側をフレームワークで設計・構築・カスタマイズを行います。そのため、HTMLやCSSなどの基本的なプログラミングが必要になってきています。

また、ユーザーがリッチなものを求めている傾向があるため、Javascript関連の言語(Typescript/Vue.js/React.js)を駆使しながら開発する能力が求められています。

Webデザイナーに必要なスキル

  • フォントやレスポンシブデザインなどデザインに関する知識
  • 「Photoshop」や「Illustrator」を使いこなすスキル
  • コーディングやプログラミングのスキル
  • Webマーケティングについての知識

Webデザイナーとして魅力的なWebページを制作するには、基本的なデザインスキルを習得しておくといいでしょう。

ユーザーが気持ちよく利用できるデザインには、ある程度の「型」のようなものがあります。そのため、ユーザビリティを向上させるためのデザインの知識を勉強しておく必要があります。

最近では、スマートフォンやタブレット機器などが普及しているため、画面の大きさが変更しても最適に表示される「レスポンシブWebデザイン」を理解することも大事です。

フロントエンドエンジニアとWebデザイナーを目指す際の学校や学費は?

らんてくん
らんてくん
フロントエンドエンジニアやWebデザイナーになるためには学歴などは必要になるか?

どちらも学校を出ておく必要はありません。しかし、未経験者と比べたときに知識や経験があれば、うまくスタートダッシュを切れます。資金面で余裕があれば目指すといいでしょう。

  • フロントエンドエンジニアを目指す場合に通うといい学校
  • Webデザイナーを目指す場合に通うといい学校

1つずつ解説していきますね。

フロントエンドエンジニアを目指す場合に通うといい学校

出鼻を挫くようですが、フロントエンドエンジニアになれるスクールはなかなかありません。

なぜならフロントエンドは未経験からの募集がまだないためです。フロントエンドエンジニアは、バックエンドとも密接に関わりますのでサーバーサイドの知識も必要とされます。

まずは未経験でも求人があるバックエンドエンジニアとしてWeb系企業に入社することを目指しましょう。

弊社スクールではWeb系企業への転職に特化したスクールです。

RUNTEQの特徴
  • 創業以来すべての転職成功者のWeb系開発企業への内定率98.8%
  • 開発現場で活躍できるために用意された1,000時間越えの圧倒的カリキュラム
  • 学習面や就活について相談できるサポート制度

開発現場で求められるスキルを習得できるため、本気でWeb系開発企業に転職したい方におすすめできるプログラミングスクールとなっています。

弊社では無料のキャリア相談会を開催していますので、少しでもエンジニアに興味がある方は、ぜひ足を運んでみてくださいね!

Webデザイナーを目指す場合に通うといい学校

Webデザイナーの場合は、社会人向けスクールなどに通って未経験からWebデザイナーになる方法があります。

Webデザイナーになるためのスクール一覧
  • インターネット・アカデミー
  • デジタルハリウッドSTUDIO
  • KENスクール

スクールやコースの内容によって価格はピンキリですが、おおよそ150,000円〜500,000円ほどになっています。

独学や自己流でデザインの勉強をすることに不安を感じる方は、将来の自分への投資としてWebデザイナー養成スクールに通うことも選択肢の1つにしてみてはいかがでしょうか。

フロントエンドエンジニアとWebデザイナーの給料や待遇の違い

らんてくん
らんてくん
フロントエンドエンジニアの方が給料がいいと聞くのは本当か?

IT人材が不足している中でエンジニアに対する需要は高まっているため、比較的高い年収として設定されています。この章では、具体的に以下の内容について解説していきます。

  • フロントエンドエンジニアの給料や待遇
  • Webデザイナーの給料や待遇

フロントエンドエンジニアの給料や待遇

フロントエンドエンジニアの平均年収は約573万円ほどになります。他の職業と比較して年収が高めになっている理由としては、技術職でありスキル次第で大きく年収をアップすることも可能だからです。

全体的な給料幅を見ても、給料は351万円〜925万円と幅広いです。しっかりとスキルアップを積み重ねることで年収が上がる仕組みですね。

また、働く環境や前職での経験、スキルによって大きく差が出てくるでしょう。

Webデザイナーの給料や待遇

Webデザイナーの平均年収は約363万円ほどになります。他の職業と比較すると平均年収は低くなっている理由としては、20−30代の年齢層が多いから。

比較的新しい職業として定着しているWebデザイナーの仕事には、年齢層が若い人が多いため、年収が低くなっていると考えられます。

経験を十分に積んだ後に、アートディレクターやWebディレクターなどにキャリアアップができれば、年収アップも可能でしょう。

未経験からフロントエンドエンジニアになれる?今後の将来性は?

結論から言うと、未経験からフロントエンドエンジニアになることは難しいでしょう。理由としては、フロントエンドエンジニアの未経験の求人がほとんどないからです。

 

こちらのツイートを見ると分かるように、フロントエンドだけの知識では難しいことがわかります。フロントエンドの経験を積んでも、バックエンドの知識がないと活躍することは難しいと言うことですね。

難易度は上がりますが、フロントエンドやバックエンドなどの知識を持ちながら、一通りの開発業務ができる「フルスタックエンジニア」の需要は高く、個人開発やスタートアップなどの会社で重宝されるほどの存在になります。

未経験からフルスタックエンジニアを目指すのは難しいですが、まずはフロントエンドエンジニアの知識を身につけて、徐々にステップアップしながら自身の市場価値を上げていくことが大事です。

フロントエンドエンジニアについてはこちらの記事で細かく解説していますので、ぜひ読んでみてくださいね。

Webデザイナーからフロントエンドエンジニアへの転職は可能?

らんてくん
らんてくん
似たような知識だからWebデザイナーからフロントエンドエンジニアに転職することは可能なんじゃないか?

結論から言うと、Webデザイナーからフロントエンドエンジニアに転職することは可能です。Webデザイナー時代に培ったJavascriptなどのプログラミング知識があれば、その知識を活かせるでしょう。

エンジニアの仕事では、プログラミング以外にも仕様書やプレゼン資料の作成などを求められることもあります。そのときには、前職で身につけたデザイン力も武器になります。

しかし、覚えておいてほしいのが「エンジニアの仕事はプログラミングがメインになる」ということ。前職での経験は活かせますが、エンジニアとして必要になる知識は1から学ばないといけないので注意してくださいね。

フロントエンドエンジニアとWebデザイナーはどっちがおすすめ?

これまでの話をしてきて、フロントエンドエンジニアとWebデザイナーがどっちがいいか迷っている人は以下の表を参考にしてみてください。

  • スキル面での差別化は難しけど安定的に働きたい
    →Webデザイナー
  • スキル習得まで長い時間がかかるが将来性のある仕事に就きたい
    →フロントエンドエンジニア
  • 方向性が決まらず悩んでいる
    →フロントエンドエンジニアの勉強をしておけば転職も可能

将来性で考えるとフロントエンドエンジニアを選択肢すれば、キャリアパスの選択肢が広がるためおすすめです。

途中でWebデザイナーを目指したくなっても、スキルがあれば転職も可能だからです。

  • IT技術が好きだし高収入を目指したいからエンジニアになる
  • デザイン作成が楽しくやりがいがあるからWebデザイナーになる

このように、自分の気持ちが前向きになる選択肢を選ぶ方法もいいと思います。

まとめ

今回の記事では、フロントエンドエンジニアとWebデザイナーの違いや将来性など幅広く解説していきました。

今回の記事のまとめ
  • エンジニアは裏側のシステム構築をしてWebデザイナーは表側のデザインを担当する
  • エンジニアかWebデザイナーで迷うならやりがいや収入面で考えよう
  • 未経験でフロントエンドエンジニアの求人は少ないため資格取得や経験を積もう

弊社としては、収入が高くキャリアパスも幅広いフロントエンジニアをおすすめします。IT業界の中でもWeb業界の成長は止まらず、求人の数も増加し続けているからです。

ただし、フロントエンドエンジニアにいきなり転職することはできません。未経験のフロントエンドエンジニアの求人はまだほとんどないからです。

まずはWeb系エンジニアになるためにバックエンドエンジニアを目指すことをおすすめします。

未経験からWeb系のバックエンドエンジニアへエンジニア転職のためのロードマップを作成しましたので、ぜひこちらも参考にしてみてください。