転職ノウハウ

30代未経験者からWebエンジニア転職は可能?30代むけのノウハウを徹底解説!

30代の人なかには、現職の専門性の無さに焦りを感じ、不安を感じている人も少なくないでしょう。

だから昨今においては働き方が多様化して、服装や時間に自由があるWeb系エンジニアに憧れを抱いている人もいるのではないでしょうか。

  • 30代だともうWeb系エンジニアにはなれないのではないか?
  • なれるとしたらどういう戦略で勉強をすれば良いのか?

このような悩みをお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

結論から言いますと、30代の未経験者からWeb系エンジニアに転職することは可能です。

この記事では、30代未経験者でもWeb系エンジニアになれる理由とその方法についてわかりやすく解説をしていきます。

Web系エンジニアとは?

Webエンジニア

ひとえにITエンジニアといってもさまざまな種類があり、それぞれ開発するシステムやサービスが異なります。

そのなかでも、Web系エンジニアとは、その名の通りITのなかでも特にWeb関連に特化した技術職のことを指し、Webシステムの設計や開発、保守、運用などを主な仕事内容としています。

現代において、Webは企業はもちろん日常生活においても欠かせない存在であるため、その将来性や需要は高く、人気や注目を集めている職種でもあります。

未経験者の30代がWeb系エンジニアになれる理由

やる気

未経験者で、しかも30代の人は年齢を気にしている人も多く「本当にWeb系エンジニアになれるの?」と疑問に感じている人も多いことでしょう。

ここでは、30代の未経験者でもWeb系エンジニアになれる理由を3つ紹介します。

Web系エンジニアの不足

経済産業省が発表しているように、DX促進のためにITエンジニアが不足していることが問題視されています。

また、少子高齢化問題によってIT業界に関わらず就業人口が減少し、定年退職の年齢が延長されていることも、理由の1つとして挙げることができるでしょう。

このような背景から、未経験者の30代でも自身の努力次第で十分にWeb系エンジニアになれるといえるのです。

学歴や職歴よりも実力重視

Web系エンジニアに限らず、ITエンジニアはその専門性の高さから、スキルや実務経験をはじめとする実力が重視される職種です。

もちろん学歴や職歴が全く考慮されないわけではありません。

ですが、実力主義ですので未経験でも自分で仕事ができるレベルのスキルがあれば、Web系エンジニアになれると言い換えることもできるでしょう。

「未経験で実績はない」と感じている人もいるかもしれませんが、こちらについては具体的な方法を後述しております。

スキル習得や勉強方法が豊富にある

書籍はもちろん、インターネットで「Webエンジニア 勉強方法」と検索するだけで、非常に多くのWebサイトが表示されるので、今すぐにでも独学でスキルや知識の習得を始めることができます。

しかし、独学で習得する際には以下の注意点もあります。

  • Webサイトに掲載されている情報が誤っている可能性がある
  • 最新の情報ではないかもしれない
  • 自分の疑問を解消してくれる内容が見つけられない
  • 正しい学習の進め方が分からない

上記の壁にぶつかる可能性が非常に高く、時間がかかることを覚えておく必要があります。

こちらを踏まえ、本気でWeb系エンジニアを目指していて、最短かつ効率的に習得したい人は、プログラミングスクールの利用がおすすめです。

現役のエンジニアが講師なので、効率的に学習できるだけではなく、エンジニアとして活躍するための方法についても教えてもらうことができます。

費用は独学よりもかかってしまいますが、その際は浪費する時間と天秤にかけてみるのもよいでしょう。

30代未経験がWeb系エンジニアへ転職するデメリット

30代の未経験者でもWeb系エンジニアになれるとお伝えしてきましたが、デメリットも存在します。

デメリットを把握せずに転職してしまうと、後悔してしまうので必ず確認をしておきましょう。

収入が一時的に下がる可能性がある

やはり30代で職歴を積んでこられた方でしたら、収入が上がっている方も多いでしょう。

未経験からエンジニア転職をすると、収入が下がってしまう可能性があります。

30代で家庭を持っている人は家族にも迷惑や負担をかけてしまうリスクもあるので、必ず相談をしたうえで転職するようにしましょう。

未経験から1年目のエンジニア転職での給料も比較的上がってきています。

弊社プログラミングスクールRUNTEQで直近の転職成功者の内定時の年収も450万円を超える方も出てきています。

20代よりも不利

どの職種においても学ぶ姿勢は大切ですが、IT技術の進歩は非常に速く、常に勉強し続けなければなりません。

そのため、伸びしろや吸収力などの面で20代よりも転職活動は不利になる可能性が高いです。

「こうしたネックを解消するためにはどうしたら良いの?」と不安を感じた人は、以降で紹介する”具体的な方法”で確認をしていきましょう。

30代未経験からのエンジニア転職の具体的な方法

ハウツー

30代の未経験者でもエンジニア転職は可能ですが、「実際にどうしたら良いの?」「何から手を付ければいいか分からない」と感じている人も多いことでしょう。

ここでは、そんな30代未経験者がWeb系エンジニアへ転職するための具体的な方法を3つ紹介していきます。

過去の職種や役職を生かせる企業につく

Web系エンジニアは全く未経験者であっても、これまでにいた業界や職種、役職を活かせるような企業を転職先に選ぶことで成功率の向上が見込めます。

たとえば、営業経験があればコミュニケーション能力の高さ、管理職経験があればマネジメント力を活かせるような職種を選ぶこともポイントです。

また、自身が経験のある業界に対しWebシステム・サービスを提供している企業を選ぶことで、これまでの業界知識を活かす働き方もできるでしょう。

こうした過去の経験は20代よりも豊富であることから、転職する際の強みになることはもちろん、企業選びの基準にもなります。

過去の実績を数字で語れるようにする

これまでの経験を活かすことができるとお伝えしましたが「コミュニケーション能力がある」「マネジメント力がある」だけでは抽象的過ぎます。

それら能力を駆使した実績をはじめ、過去の実績を具体的かつ分かりやすい数字で説明できるようにしておくことも転職活動の場ではとても重要です。

加えて、それら実績からWeb系エンジニアになってどのような貢献ができるのかアピールできるように準備しておきましょう。

実績がない人はポートフォリオで差別化する

ポートフォリオとは、一般的に自身が携わったサービスの集約のことをですが、エンジニア転職の際には個人で開発したシステムやサービスのことを指します。

ポートフォリオを提示することは、転職先企業に対して「自身は未経験でもこのレベルにある」ことを証明することが可能です。

また、作成することで未経験ながらにもWeb系エンジニアがどのような仕事をするのか把握するとともに、スキルや知識の習得にも役立ちます。

ポートフォリオの作成については、以下の記事で詳細を説明しているので、ぜひ参考にしてください。

必要な最低限の技術力は勉強して身につける

これからWeb系エンジニアを目指す人のなかには「どの程度のレベルがあれば良いの?」と感じている人も多いことでしょう。

結論からいうと、未経験者からWeb系エンジニアになるためには、最低限の技術力を習得が必要です。

この「最低限の技術力」とは、簡単にいえば任されたタスクを一人で最後まで遂行できる能力を指します。

「未経験なのにハードルが高くない?」と思われるかもしれませんが、Web系エンジニアとして転職した場合、研修で手取り足取りスキルを教えてもらえないことがほとんどですので、入社後に苦労しないためにも身につけておくことをおすすめします。

最低限の技術力については、以下の記事で詳細を説明しているので、ぜひ参考にしてください。

実績がない人は難易度が高めの資格を取る

実績がない人は、ポートフォリオの作成以外に難易度が高めの資格を取得することもおすすめです。

Web系エンジニアになるうえで必須となる資格は存在しませんが、資格取得をすることで次のようなアピールをすることができます。

  • 資格を取得できるだけの知識がある
  • 未経験ながら努力と意欲的に取り組む姿勢がある
  • 30代でも勉強すれば成果が出せる「吸収力のある人間」であること

取得する資格に悩んでいる人は「基本情報技術者」「応用情報技術者」「Ruby技術者認定試験(Silver、Gold)」などの資格取得を目指してみてましょう。

未経験からWeb系エンジニアへ転職したい人むけにロードマップを作成しました。以下の記事を参考にしてみてください。

まとめ

30代の未経験者でもWeb系エンジニアになることは可能です。

ただし、30代の場合は20代よりも求められるスキルや技術、さらに前職での経験値のハードルが上がることを忘れてはいけません。

しかし、これらも「最低限のスキルの習得」「ポートフォリオの作成」といった事前準備によって解消することができます。

このように、努力は必要不可欠ですが、未経験でもWeb系エンジニアに転職することができますので、年齢を理由に諦めかけていた人はぜひ挑戦してみてください。