プログラミングスクール

30代におすすめのプログラミングスクールとは?【無料スクールはNG】

「30代で無料プログラミングスクールに通うのはどうなのか知りたい」
「そもそも30代未経験でエンジニアを目指せるのか知りたい」

上記のように、30代未経験からエンジニアを目指したいと考えている方も少なからずいるでしょう。

しかし実際のところ、「30代でWebエンジニアに転職できるチャンスはあるのか」と不安に思う方も多いです。

そこで今回は、下記の内容を解説していきます。

  • 30代からプログラミングを学ぶメリット
  • 30代未経験の状態からエンジニアになれる?もう遅い?
  • 30代で無料プログラミングスクールを選ばない方がいい理由
  • 30代が選ぶべきプログラミングスクールの特徴
  • 30代未経験者におすすめのプログラミングスクール8選

今回の記事では、Web系の開発会社を運営しつつもWeb系エンジニアへの転職を目指す人に向けてのプログラミングスクールを運営している弊社が、30代からでもWebエンジニアになるための方法や、無料スクールを避けた方がいい理由、通うべきスクールの特徴などについて解説していきます。

この記事を最後まで読めば、30代からWebエンジニアへ転職するためにやるべきことを把握できるため、ぜひ参考にしてください。

30代におすすめプログラミングスクールNo.1はRUNTEQ!

30代から未経験でエンジニアを目指す場合、20代以上に技術力が求められます。そのため学習時間をみっちり取る必要があります。

RUNTEQは開発会社が現場で自走できるレベルに合わせてカリキュラムを作っているため、30代からでも未経験Web系エンジニア転職に成功する方が多数いらっしゃいます

RUNTEQはコミュニティが活発で、受講生同士の交流も多く、長い学習期間を乗り越える挫折しない仕組みも整えています

1月限定でRUNTEQで使う教材費が無料になるキャンペーンを実施しております

ぜひこの機会にRUNTEQをご検討してみてはいかがでしょうか?

無料のキャリア相談会も実施しております。ぜひお気軽にご参加ください。

RUNTEQについて詳しく見る

 

30代が選ぶべきプログラミングスクールの特徴

らんてくん
らんてくん
30代未経験の状態からエンジニアになりたいときには、どんなスクールを選ぶべきなんだ?

先ほどもお伝えした通り、30代という年齢のハンデを覆すためには、入社後も活躍できるスキルを客観的に証明することが大切です。

そのため、以下のような特徴があるプログラミングスクールを選ぶようにしましょう。

30代が選ぶべきプログラミングスクールの特徴
  • 長期の受講コースがある
  • 挫折しない仕組みがある
  • 徹底したポートフォリオ支援
  • 転職支援が充実している

長期の受講コースがある

プログラミングスクールを選ぶときには、なるべく受講期間が長く、しっかり学べるカリキュラムが組まれているところを選びましょう。

らんてくん
らんてくん
30代からの転職だと遅いので、短期間でエンジニアになれるコースを受講しようと思ってるけどダメかな?

年齢的に、どうしても焦ってしまう気持ちはわかります。
しかし、短期コースで学習するとスキルが身につきづらい可能性が高いです。

スクールによっては、数週間ほどの学習でエンジニアになれると謳っているところもありますが、その学習量では全然足りません。
集中力が落ちている30代だからこそ、20代よりも腰を据えてじっくりと学ぶ必要があるのです。

目安としては、最低でも1000時間以上の基礎学習を目安に、長期カリキュラムの組まれているスクールを選ぶようにしましょう。

挫折しない仕組みがある

未経験でプログラミング学習を始めるときに、誰しもぶつかるのが「学習を継続できない」といった悩みです。

プログラミング学習をしたことのある9割の方が、挫折した経験があると答えているため、できる限りプログラミング学習に対して挫折しにくい環境を作りましょう。

独学と比べると、スクールでは以下のような環境づくりを行なっているため、継続して学習できる可能性が高いです。

挫折しない仕組み
  • コミュニティがある
  • プロの現役エンジニアよるサポート
  • ポートフォリオ作成支援

プログラミング学習で挫折してしまう大きな原因は、わからないことが聞けない環境にあるとも言えます。

上記のような仕組みがあるスクールを選べば、モチベーションを維持しながら、壁にぶつかっても乗り越えられるため、継続して学習に取り組むことができるでしょう。

徹底したポートフォリオ支援

未経験からWebエンジニアに転職するときには、質の高いポートフォリオを武器にアピールすることが大事です。

ポートフォリオとは、自作のWebアプリやサービスなどをまとめた作品集のようなものです。

既存サービスの二番煎じではなく、自分ならではのオリジナルポートフォリオを作成できると差別化につながり、選考を有利に進めることができるでしょう。

優良スクールに通えば、基本的には講師全員が現役エンジニアであるため、プロの目線からポートフォリオ作成についてアドバイスをもらえます。

ユーザー目線に立ったアプリやサービスを開発するためにも、徹底したポートフォリオ支援があるスクールを選びましょう。

弊社RUNTEQの場合は、アイデア出しから企画・開発・リリースまでのトータルサポートがあるため、オリジナリティあふれるポートフォリオが出来上がります。

RUNTEQ卒業生の98%がWeb開発企業へ就職しているといった実績があることからも、卒業生たちのポートフォリオのクオリティが高いことは伝わるかと思います。

これまでのRUNTEQ受講生のポートフォリオは、以下の記事で紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

転職支援が充実している

30代未経験からWebエンジニア転職を成功させたいのであれば、転職支援などのバックアップ体制が充実しているスクールを選びましょう。

転職支援とは、以下のようなことをいいます。

転職支援サービス
  • ポートフォリオ作成支援
  • キャリアアドバイザーによる転職活動支援
  • 模擬面接
  • 志望動機の伝え方

エンジニアとしての基礎スキルを身につけても、初めての転職となると不安に感じる方も多いと思います。

そんな方は、スクールの転職支援を有効活用すれば、転職活動を有利に進められるでしょう。

転職支援では、面接対策からポートフォリオ対策まで幅広いサポートを受けられるため、未経験からのエンジニアを目指すなら転職支援のあるスクールにするべきです。

30代で無料プログラミングスクールを選ばない方がよい理由

らんてくん
らんてくん
30代からエンジニア転職を考えているけど、無料のプログラミングスクールに通ってもいいのかな?

プログラミングスクールで学ぶ場合は、無料スクールだけは選ばない方がいいでしょう。

有料のスクールと比べてコストがかからないので申し込みやすいのですが、以下の理由によりあまりおすすめできません。

無料のプログラミングスクールがおすすめできない理由
  • 「転職保証」により転職先が限定される
  • 30代で入れる無料プログラミングスクールは少ない
  • 高いスキルが身に付かない
  • 質の高いポートフォリオが作れない

プログラミングスクール選びに失敗しないためにも、是非参考にしてください。

「転職保証」により転職先が限定される

無料プログラミングスクールは、ほぼすべて就職・転職先が限定されています。
提携先企業からの人材紹介料によって、スクールの運営が成り立っているからです。

そのため転職先を自由に選べないことから、エンジニアとなっても理想のキャリア形成をすることが難しくなるでしょう。

また斡旋先の企業としては、SES企業であることがほとんどです。

SES企業は、システム開発の下流工程を担当するエンジニアを求めるクライアントに対して、自社のエンジニアを派遣して常駐させることで、収益を得るビジネスモデルです。

SES企業のなかには、単純作業やテスト業務などスキルアップにつながらない案件を多く受注しているケースもあります。
そういった案件に振り分けられた場合、エンジニアとしての未来はあまり明るくありません。

このように転職先が限定されることで、思ったようにキャリアを積めないことから、理想のキャリア形成ができない可能性もあるのです。

さらに詳しい内容については、以下の記事で解説していますので是非ご覧ください。

30代で入れる無料プログラミングスクールは少ない

そもそも30代で入れる無料スクールはほとんどなく、あっても31歳までだったり30代前半までだったりします。

というのも、先ほど紹介した通り無料のスクールは企業への紹介料によって運営が成り立っているからです。

企業側が求める人材は20代であることが多いため、なかなか30代を受け入れてくれる環境がありません。

企業側の受け入れ体制が整っていないことから、スクール側も積極的に受講生を送り出せないため、30代で入れる無料のプログラミングスクールが少ないといったことにつながります。

高いスキルが身に付かない

無料のスクールではカリキュラムの内容が薄いケースが多いため、スキルが身に付きにくいです。

内容の薄いカリキュラムでも無料スクールが成り立っている理由としては、スキルが低くても入れるSES企業と提携している無料スクールもあるからです。

しかし本来ならば、30代という年齢の不利を跳ね返すために、通常よりも高いスキルを目指してプログラミングを学習する努力が必要です。

しかし、最低限のスキルでも企業側とマッチングさえすれば就職できるのが、無料スクールの仕組みになっています。

本気でWebエンジニアになりたいと考えている方であれば、スキルアップの機会が減ってしまう可能性の高い無料のスクールはあまりおすすめできません。

質の高いポートフォリオが作れない

スキルが低くても入社できる可能性の高い企業へ紹介されることも多いため、ポートフォリオにこだわらない無料スクールが多いです。

そのため、本来ならば未経験の方にとって、転職時に最大の武器となるはずのポートフォリオが質の高いものになりにくいのです。

30代からWebエンジニアとして転職するためには、どのようなスキルがあるのかを客観的に証明できるポートフォリオに最大限力を入れるべきでしょう。

スクールによっては、オリジナルポートフォリオ作成のために、数ヶ月単位で時間をかけてサポートするところもあります。

30代からのエンジニア転職を成功させる上で、ポートフォリオ作成の支援がないことが多い無料スクールを選ぶことは、悪手となる可能性が高いです。

30代未経験者におすすめのプログラミングスクール8選

らんてくん
らんてくん
30代未経験で入るべきプログラミングスクールを知りたいぞ!

わかりました!
未経験の30代におすすめのプログラミングスクールは以下の8つになります。

30代未経験者におすすめのプログラミングスクール8選
  1. RUNTEQ
  2. Code Camp
  3. Tech Academy
  4. TECH I.S.
  5. tech boost
  6. DMM WEBCAMP
  7. ヒューマンアカデミー
  8. インターネットアカデミー

RUNTEQ

RUNTEQは、Web開発企業への内定率が98%という高い実績のあるプログラミングスクールです。

RUNTEQの特徴としては以下の通りです。

RUNTEQの特徴
  • 開発現場で自走できるレベルに到達するための1,000時間のカリキュラム
  • 講師は現役エンジニアでいつでも質問できる
  • Web系開発企業内定率98%

RUNTEQでは、6か月以上にわたり1,000時間以上の学習をする長期的カリキュラムが組まれているため、未経験であっても確実にスキルを身に付けられるでしょう。

30代の方は20代よりも即戦力になれるスキルが求められます。必然的にカリキュラムはしっかり

RUNTEQでは、30代の方でも未経験からWeb系企業へエンジニア転職を成功される方が多数いらっしゃいます

30代未経験からWebエンジニア転職を成功させるには、RUNTEQのような長期的なカリキュラムが用意されているスクールがおすすめです。

RUNTEQの無料キャリア相談会へ参加してみる

Code Camp

Code Campは、レッスンごとに好きな講師を選択しながら、マンツーマン指導を受けられるプログラミングスクールです。

Code Campの特徴
  • 現役エンジニアがマンツーマン指導
  • レッスンごとに好きな講師を指名できる
  • 「キャリアtalk」で気軽に転職相談ができる

現役エンジニアからさまざまなアドバイスを受けられたり、レッスンごとに自分に合う講師を選べるため、相性のいい現役エンジニアから学ぶことでモチベーションを保ちやすいです。

オンライン学習ができる時間も、朝7時から夜23時までと年中無休のため、好きなときにいつでも学べます。

受講できるコースには全額返金保証制度も付いているため、初めてスクールに通う方にとっては1つの安心材料になるでしょう。

実践的なカリキュラムで、1からプログラミングの基礎を学びたい方にはおすすめです。

 

Tech Academy

TechAcademyは、完全オンラインで完結している未経験の方向けのプログラミングスクールです。

TechAcademyの特徴
  • 目的に合わせた28種類の学習コース
  • パーソナルメンターによって挫折しづらい
  • オリジナルサービス開発の支援

TechAcademyには、目的に合わせて28種類のコースが用意されているため、自分が描く理想のキャリアに合わせてコースを選ぶことができます。

エンジニア転職コースでの年齢制限は32歳となっているため、30代前半であればIT企業への就職保証もあります。

一人ひとりに対して専属のメンターが付いているため、キャリアについての相談ができたり、いつでも質問できたりと挫折しづらい仕組みになっています。

転職というよりは、教養や副業でプログラミングを学びたい方向けにおすすめのプログラミングスクールです。

入学前に無料でメンター相談することができますので、お金を支払う前にメンターに相談することができます。

無料メンター相談をしてみる

TECH I.S.

TECH I.S.は、1年間にわたり学習とキャリア支援を受けられるため、徹底的に寄り添ってくれるプログラミングスクールと言えます。

TECH I.S.の特徴
  • リアルタイムでWebエンジニアからスキルを学べる
  • チーム開発カリキュラムなど実践的な内容
  • 1年間のキャリアコースで転職へのサポートもバッチリ

課題学習からチーム開発など、実践的な内容を通して未経験からでも6ヶ月みっちりと学習ができます。

さらには残りの6ヶ月で、就職・転職への相談ができたり、面接やポートフォリオ作成などの転職支援も受けられます。

数あるプログラミングスクールの中でも、長期的にサポートしてくれるため、何から始めればいいかわからない未経験の方でも安心です。

tech boost

tech boostは受講生の96%が学習を最後まで完遂しているため、未経験からでも挫折しづらいプログラミングスクールです。

tech boostの特徴
  • 現役エンジニアへの質問は無制限
  • オーダーメイドカリキュラムで受講生に合わせた学習計画を立ててくれる
  • 定期的なメンタリングで転職活動をサポート

講師は実務経験2年以上の現役エンジニアになるため、自分の目指すキャリアに向けて実体験に基づいた具体的なアドバイスをもらうことができます。

ヒアリングを通して、受講生に合わせたオリジナルカリキュラムを作成してくれるため、30代から転職するために必要なことを最短距離で学べます。

DMM WEBCAMP

DMM WEBCAMPは、30代からでも受講可能な未経験者向けのプログラミングスクールです。

DMM WEBCAMPの特徴
  • 受講生のIT転職率は98%
  • 講師は合格率13.7%から選ばれた現役エンジニア
  • DMM WEBCAMP卒業生の離職率は未経験者にも関わらず2.3%

DMM WEBCAMPは30代以上の方でも受講することが可能です。

  • 専門技術コース
  • 短期集中コース

これらのコースでは、転職サポートやチーム開発カリキュラムまで用意されています。

受講生の中には、31歳の方でも未経験でIT企業に転職できた方もいるため、ポートフォリオの質の高さによって内定を勝ち取ることもできます。

30代未経験の転職は難しいかもしれませんが、DMM WEBCAMPでのエンジニア転職サービスに通うことで、30代からでも転職を有利に進めることができるでしょう。

DMM WEBCAMPの無料カウンセリングに参加する

ヒューマンアカデミー

ヒューマンアカデミーは、15年以上の実績がある企業向け講座をもとにカリキュラムが開発されていて、85,000名もの修了生がいるプログラミングスクールです。

ヒューマンアカデミーの特徴
  • 未経験から4ヶ月でWebアプリ開発ができる
  • いままでの学習修了生は85,000名以上で就職先も多数
  • 質問にはオンラインで講師が回答

ヒューマンアカデミーでは、未経験からでも4ヶ月でエンジニアになることを目指します。

オンライン受講も可能なため、自分のライフスタイルに合わせて自由な時間に学習ができます。

30代はもちろん50代・60代の方も学んでいるため、受講生による年齢制限はありません。
就職先も多数あるため、はじめてのITエンジニア転職でもしっかりとサポートしてくれます。

インターネットアカデミー

インターネットアカデミーは、30,000人以上の受講生がいままでに学習を完遂していて、何歳からでも受講可能なプログラミングスクールです。

インターネットアカデミーの特徴
  • 受講生の就職内定率90.9%
  • いままで3万人の受講生実績がある
  • 直接&オンラインで自由に受講できる

受講生も幅広く、30代から60代まであらゆる方が学んでいます。
その中には、40代でWeb業界の担当者としての転職を成功されている方もいます。

マンツーマン授業のため講師になんでも質問できたり、履歴書作成から案件獲得などキャリアに関するアドバイスなども受けることができます。

30代からプログラミングを学ぶメリット

世間一般的に、30代になってからは現在の職種でスキルや経験を積み上げる時期でしょう。

しかし、30代からでもプログラミングを学ぶメリットはたくさんあります。

30代からプログラミングを学ぶメリット
  • エンジニアを目指せる
  • 今の仕事に活かせる
  • 副業で稼げる可能性がうまれる

上から順番に解説していきます。

エンジニアを目指せる

30代からであっても、プログラミングを学ぶことで新たなキャリアとしてWebエンジニアを目指すことが可能です。

Webエンジニアはほかの職種と比べて、努力次第で収入を伸ばしやすいです。

らんてくん
らんてくん
そうはいっても、30代からのエンジニア転職って難しくないのかな?

もちろん未経験であれば、30代よりも20代の方がポテンシャル採用されるチャンスが高いです。

しかし、30代からでも未経験OKのエンジニア求人もありますし、特に30代前半ならばまだまだ可能性はあります。

今の仕事に活かせる

エンジニアへとキャリアチェンジするつもりがなくとも、プログラミングを学ぶことで今の仕事に活かせることがあるので、30代からのプログラミング学習はおすすめです。

たとえば、本業での業務を自動化したり、より効率的に仕事に取り組むための仕組みを作ったりすることができます。

具体例としては以下の通りです。

プログラミングを本業に活かせる例
  • アナログだった出退勤の管理をシステム化
  • メールを自動で一斉送信
  • 入力フォームに補助機能を追加
  • Webサイトから特定の情報だけを抽出

プログラミング学習には時間がかかりますが、覚えてしまえば効率よく本業の仕事を進められるツールとしても使えます。

Webエンジニアへとキャリアチェンジするつもりがなくても、プログラミングを学ぶことで本業に何かしらの形で生かせる可能性が高いというのは大きなメリットでしょう。

副業で稼げる可能性がうまれる

プログラミングを学べば、本業とは別に副業で稼げる可能性がうまれます。

しっかりとプログラミングスキルを身に付けられれば、クラウドソーシングサイトなどを利用してWeb制作やWeb開発の案件を受注することも可能なため、副収入を得るチャンスができるでしょう。

たとえばHTML・CSS・JavaScriptなどフロントエンドの知識を身に付ければ、簡単なWebページ制作の仕事を受注することもできるようになります。

不安定な時代ですから、本業だけの収入に頼らず、プログラミングを学んでスキルを増やしダブルインカムを目指すことは、将来の安定へと繋がります。

30代未経験の状態からエンジニアになれる?もう遅い?

らんてくん
らんてくん
30代未経験の状態からエンジニアを目指すのはもう遅いのかな?

結論から言うと、30代で未経験の状態からではやや厳しいものの、30代前半ならば努力次第でなんとかなります。

30代中盤以降になってくると、よほどの強みがなければ未経験からのエンジニア転職は難しくなります。

そのため30代中盤以降であれば、他業種で培った経験をエンジニア採用に生かすと年齢分のハンデも跳ね返せます。

他業種でマネジメント経験がある方であれば、その経験を生かして現場でチームメンバーをまとめられることをアピールできるでしょう。

RUNTEQ受講生の中にも、前職での経験を生かしてWebエンジニアへの転職を成功させた30代の方もいらっしゃいます。

まとめ

今回の記事では、30代からでもWebエンジニアを目指せるおすすめのプログラミングスクールを紹介しました。

今回の記事のまとめ
  • 無料のプログラミングスクールの転職保証は危険
  • 30代だからこそ1000時間以上の長期的な学習を通して着実にスキルアップすべき
  • プログラミングスクールは、卒業生の98%がWeb系開発企業への内定を獲得しているRUNTEQがおすすめ

30代で内定を獲得した方の特徴としては、職歴やスキルよりも質の高いポートフォリオ作成によって企業へのアピールを成功させた方です。

30代前半であればWebエンジニアへの転職もまだまだ可能なため、ぜひ本記事を参考にしてください。

弊社では、開発現場が求めるエンジニアになるためのプログラミングスクール「RUNTEQ」を運営しております。この記事を読んで少しでもWebエンジニアに興味を持った方は、ぜひ無料のキャリア相談会へ足を運んでくださいね。